サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. 昭和元禄落語心中 2 (KCx)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昭和元禄落語心中 2 (KCx)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 98件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/01/06
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-380554-3
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

昭和元禄落語心中 2 (KCx ITAN)

著者 雲田 はるこ

惚れ抜く八雲師匠の芸だが,オイラにゃできねぇ、気づき始めたこの与太郎。小夏の父ちゃん・亡き助六のすげぇ落語に取りつかれ、迎えた師匠の独演会、やっちゃいけねぇヘマをした。破...

もっと見る

昭和元禄落語心中 2 (KCx ITAN)

607(税込)

昭和元禄落語心中(2)

540 (税込)

昭和元禄落語心中(2)

ポイント :5pt / 紙の本より67おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「昭和元禄落語心中 2 (KCx)」が含まれるセット商品

昭和元禄落語心中(KCx ITAN) 10巻セット

昭和元禄落語心中(KCx ITAN) 10巻セット

  • 雲田 はるこ
  • 評価4.2
  • 税込価格:6,21357pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

惚れ抜く八雲師匠の芸だが,オイラにゃできねぇ、気づき始めたこの与太郎。小夏の父ちゃん・亡き助六のすげぇ落語に取りつかれ、迎えた師匠の独演会、やっちゃいけねぇヘマをした。破門と言われた与太郎と、与太をかばう小夏の二人に、師匠が語る約束の噺たぁ……!? 与太郎放浪篇から八雲と助六篇へ。「長ぇ夜になりそうだ――」

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞】【講談社漫画賞】【手塚治虫文化賞新生賞(第21回)】【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

落語には昔から興味を...

ジュンク堂書店三宮店さん

落語には昔から興味を持っていながら、未だ深く踏み込めずにいます。何か背中を一押しされるようなきっかけがあれば、のめり込んでしまうかも知れません。
この作品はもしかしたら私以外の沢山の人達にもそんなきっかけになり得る、まだ?巻にして名著と言ってよいコミックだと思います。
絵、お話、人物、ことば、全てのクオリティーが高く、魅力的です。
惜しむらくは年に2回しか単行本が出ないという処・・・。
まだ?巻が出たばかりで、物語は展開を始めた処、なんとも気になる状態で続きを待たねばなりませんが、巻数の少ない今の内に入手される事をお薦めします。

コミック担当 工藤

みんなのレビュー98件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

こうして物語は始まった

2015/09/10 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

八代目有楽亭八雲師匠に弟子入りした元やくざの与太郎は、前座になって落語を学んでいくに従って、師匠の落語が自分には出来ないと思い知らされて来ていた。そんな彼が目を付けたのは、小夏の父である有楽亭助六だ。彼の軽妙で洒脱な語り口は自分に合っている気がする。でも何かが違う。
 そんな悩みに囚われていた与太郎は、八雲師匠の独演会であり得ない大失敗をやらかし、ついには破門をもし渡されてしまう。

 寒い雪の日に門前にしょんぼりする与太郎を見かねた小夏が八雲師匠に取次いでくれ、何とか勘気を解くことが出来たものの、復帰に三つの条件を出された。そしてそれは、助六師匠と八雲師匠の約束に関わるものだった。
 与太郎の大失態から、物語は過去の回想編へ。八雲師匠が語る助六師匠との出会いが描かれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作家買い

2016/07/21 00:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

みっつの約束に涙。菊比古から色っぽい。
芸者の家で育ったからなのかね~
表情や仕草がね~ほんとにね~いいよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猥雑な時代を描いても

2017/05/15 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

八雲過去編に突入しました。戦前から戦後の混乱期を描いても 決して下品にならないあたりは作者さんのセンスですね。続きが楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度読んでも面白い。

2012/01/25 01:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃおたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直いって、画はあまり好みではないが、話の端々に作者の落語に対する愛を感じる。
とても面白い。
3巻が出るのが楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

八雲師匠と落語

2012/02/02 14:20

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:胡柚子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

刑務所を出たばかりの与太郎が、まっすぐ向かったのが、昭和最後の大名人八雲。
弟子をとらない方針の八雲だが、行き場のない与太郎を連れ帰ります。ただし、稽古はつけてくれず……。
1巻では、与太郎の純粋さ(天然?)と、落語に対する熱い想い中心に描かれていました。

2巻では、与太郎の大失敗。そして、八雲師匠の過去が描かれています。
とくに八雲師匠の過去については、1巻ではあまりに謎が多く、気になっていました。
読んでみて、噺家として、人として、八雲師匠にさらに惚れました。

与太郎がどんな噺家になるかも期待しているので、3巻を早く読みたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

師匠の過去

2017/06/06 11:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

実はこちらが本題って感じの「八雲と助六編」。
八雲と小夏の父親の助六の過去が語られます。
まるでタイプの違う二人の落語家はどういう人生だったのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

過去語り

2016/09/08 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「破門しねぇ代わりに なァ与太郎 アタシ達ゃあ みっつ約束しなけりゃならないよ」


与太郎が八雲師匠の口座で大イビキをかいて寝こけてしまったもんで、与太郎は危うく破門されかかります。それでも必死に懇願し熱意が伝わったのか、彼は師匠と3つ約束をすることに。3つのうちの1つが「落語の生き延びる道を作る」こと。それができない時は「諸共心中」だそうで。

落語と心中する覚悟ってスゴい。

そこから八雲師匠と助六の過去語りが始まるわけです。師匠の若い頃の名が菊比古っていうんですが、菊ちゃんがイケメン。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感想

2016/09/14 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

助六再びへん楽しみです。
アニメでザッと流れを見たので、みよ吉を見る目が変わるなあ。
これからどんどん泥沼に…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

もう戻らぬ日々

2017/01/20 02:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:四郎丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

助六(初太郎)と菊比古(八雲)の青春の日々が語られます。若くて貧乏で夢があって、ついでに才能もあったら・・・それは楽しいですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

戦前・戦中の落語界の雰囲気を伝えてくれる

2017/03/26 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

「与太郎放浪篇」の其の五は、前巻の積み残しの感もありますが、その後に続く「八雲と助六篇」の振りのようにも読めてしまいます。
そして、話は一気に戦前・戦中に遡ります。おそらく心ならずして落語家の道を歩むことになった菊比古と、破天荒でありながら落語の申し子ともいえる初太郎の修業時代の話です。
この「八雲と助六篇」がまた読み応えがあります。性格も落語のスタイルも異なる菊比古と初太郎がいかに成長していったのかが、昭和の初めの時代風景とともに描かれており、この話そのものが落語や何かに出てきそうなエピソードばかりなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/11 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/30 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/19 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/31 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む