サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. ありをりはべり 7 (KC Kiss)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ありをりはべり 7 (KC Kiss)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-340864-5
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ありをりはべり 7 (KC Kiss)

著者 日向 なつお (著)

ありをりはべり 7 (KC Kiss)

453(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

ありをりはべり(7)

432 (税込)

ありをりはべり(7)

ポイント :4pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ありをりはべり(講談社コミックスKiss) 8巻セット

  • 税込価格:3,62033pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出雲の神々の思い、人の思い

2012/01/25 00:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公は神様を見ることができる女の子。高校入学と同時に始まった物語(正確にはその前の話もあるが)も、もう3年生。相変わらず神様達に振り回されつつも、そろそろ真剣に進路を考え始めた。

 まあ、これまでの展開については既刊を読んでもらうとして、この巻の最大のウリは、なんといっても前後編に及んだ「出雲、縁結びの旅」だろう。
 スケールの大きさもさることながら、すでに卒業した面々にしかスポットライトが当たっていない珍しさ!本来の主人公はといえば、おとなしくお留守番だ。
 山岡元部長と普門寺さんのすれ違いっぷりを、タップリ楽しんで欲しい。

 収録されている他の話にも出雲にからむものはあるのだが、主人公の成長が見られるという点で、「月のおはなし」が印象に強い。主人公が自分の進むべき、というより進みたい道を、まだ感覚的ながら選ぼうとするのだ。高校卒業は一つの節目、たとえマンガの中でのことでもワクワクとドキドキがいそいそと動き出す。
 他に比べ多少説明的だが、主人公の心の動きがよく見て取れるエピソードだ。

 神様だの幽霊だのいっても、全体の雰囲気はこれまで通り。フワフワのユルユルに、ほんの少し、ピリリとしたアクセント。
 読んだあとは、心がホワッと温かい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/14 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/17 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む