サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!(チャンピオンREDコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした! (チャンピオンREDコミックス)

著者 カラスヤ サトシ

結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした! (チャンピオンREDコミックス)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!

566 (税込)

結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!

ポイント :5pt / 紙の本より30おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 56.1MB 無制限
Android EPUB 56.1MB 無制限
Win EPUB 56.1MB 無制限
Mac EPUB 56.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人生を描くマンガ家

2012/02/11 15:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 連載初期は、長く彼女がいなかったカラスヤさんが様々なタイプの女性とお見合いをする、という企画だったらしい。しかし、どうにもうまくいかないということで、途中から好みのタイプの女性について考えたり、恋愛映画を見たり、伊藤潤二先生に恋愛についてインタビューしたり、カラスヤさんが恋愛指南を受ける内容に。平行してお見合いも時々実施。
 この前半部分も面白い。特にツッコミ役でもある編集K城さん(女性)が、人物紹介で「破天荒なのか貞淑なのかよくわからない」と書かれているとおり、なかなかに個性的(彼氏に靴と携帯電話を線路に投げ込まれたりした経験も)。ただ、やや連載の方向性が迷走している感もあって、このまま続いたらどんな結末になったのだろうかと思う。

 そう、実は終盤、連載の内容とはまったく別のところで、驚くべき出来事が起こる。友人に飲み会で紹介された音楽ライターの女性が、出会ったその日カラスヤさん宅に泊まる(カラスヤさんは酔いつぶれて覚えていなかった模様)。翌日取材の高尾山にも二人で行き、その夕方に、カラスヤ「つきあってくださいませんか……」、女性「あ/はい/いいですよ」(p.163)というやりとりがあって、そのままカラスヤさん宅での同棲が始まる。その後、二人で沖縄に旅行したり、カラスヤさんが長髪パーマにしたりしつつ、同棲を続けるうちにうまく行かないところも出てきて、ついにはカラスヤさんが彼女に「しばらく…/実家へ帰っててくれ!」(p.187)と告げたのが2011年3月。しかしそこで東日本大震災が起こる。その後の大変な状況の中で、カラスヤさんは彼女がそばにいたことが「今もこの先も一緒にいよとの天の思し召し…/と思っとけという天の思し召しかもしれん…」(p.192)と思い、彼女もそのまま家に残り、引き続きふたりで暮らすことになる。そして彼女の妊娠が判明し、カラスヤさんは夫となり父となる。

 なんというか、現実がマンガを超えてしまったような怒涛の展開。母娘の退院を待つ間に「確かに/2年前くらいの自分に」、「お前 2年後いきなり子持ち嫁持ちになってるぞって/いうても信じへんやろーなー」(p.200)と回想しているが、読者のほとんどは更に信じられないだろう。
 実は、カラスヤさんが今の奥様とのエピソードを描くまでには、若干の葛藤があったようだ。当時を振り返る文章で、「たとえ一緒に住んでいても、またすぐ別れられるんじゃないか」、「マンガに描いて、もし案の上(原文ママ)その通りになっちゃったら、もー立ち直れないんじゃないかな」(p.113)という不安があったという。編集K城さんもその思いをくんで、「だったらしばらくは私のことでも描いて、漫画の中でウソは描かないようにしましょう」(p.151)ということになった。中盤でK城さんの恋愛の思い出の場所めぐりや、カラスヤさんの友人とK城さんによる合コンを開催した回があるのはそうした事情らしい(この辺り、カラスヤさんとK城さんの、マンガでは強調されていない信頼関係を感じさせる)。
 しかし、ついに奥様との話を描くことを決意し、2011年の夏以降は連載の完結に向けたエピソードが描かれる。私はカラスヤさんの作品には私小説のような面があると思っている。『カラスヤサトシ』シリーズも、自らの日々や周囲の人々のエピソードを、赤裸々にギャグとして描いていて、面白さとともに迫力や凄みのようなものを感じることもある。映画化された『おのぼり物語』も、上京当時の面白エピソードを描いていたのが、最後は御尊父の逝去についても描いていて、他の作品とはまた違った魅力のある作品だった。今回も、自らの人生を描く作品のひとつになったのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おめでたい、という事で。

2016/01/29 10:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メロリーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直私はこのマンガからカラスヤさんを知ったので、「ああ、あのカラスヤさんがとうとう。。。」的な感慨はありません。この本だけ読むと編集K城さんよりかはカラスヤさんの方がだいぶまともに思えますよ。しかし、この本でカラスヤさんに注目するようになり、少しはわかってきたつもりですので、カラスヤさんをひっぱってってくれるような素敵な方に出会えてよかったなと思います。最後の赤ちゃんの顔はぐちゃぐちゃしてるもの、というところでのハーフらしき赤ちゃん、笑っちゃいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

結婚に驚き

2015/05/04 00:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆっくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトルを見たとき正直驚いた。
そして中を読んで、また2度驚いた。

今までのカラスヤさんの彼女の話から恋愛観
そして嫁さんと出会った経緯が収録されている。
もともとエッセイ漫画で人気になった人だし漫画が面白いのは
分かるけどこの人人生そのものが凄い!!
なかなかない経験してるな。

これからのカラスヤサトシから目が離せなくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/08 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/23 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/03 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/03 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/12 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/27 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む