サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黒百合の雫(幻冬舎アウトロー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎アウトロー文庫
  • サイズ:16cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-41789-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黒百合の雫 (幻冬舎アウトロー文庫)

著者 大石 圭 (著)

男勝りな摩耶と美しい百合香、女どうしの同棲生活には甘美で濃密な時が流れていた。指や舌、前歯に唇に太腿…。あらゆる部分を使った優しく執拗な愛撫が、女にしかわからない秘所に失...

もっと見る

黒百合の雫 (幻冬舎アウトロー文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男勝りな摩耶と美しい百合香、女どうしの同棲生活には甘美で濃密な時が流れていた。指や舌、前歯に唇に太腿…。あらゆる部分を使った優しく執拗な愛撫が、女にしかわからない秘所に失神するほどの快楽を与える。だが永遠と思われた二人の関係が終わりを迎えた夜、女は最愛の女を殺すことにした—。純粋で頽廃的な愛を描く官能レズビアン小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

大石圭はすごく面白いですよ。大きい声では言いにくいですけどww

2011/12/21 21:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ますます「好きな作家です」と紹介しずらくなっていく大石圭なのであったww
 どうか、このまま背徳の道を突き進んでいってください。

 女同士の恋人たちの別れの夜の話。
 大石圭だけど、今回はグロはなしです。
 でも、絡みが人によってはグロく感じるかもね。

 女同士であるという特異性はあるけど、そこに重きがあるようで、実はない。
 結局のところ、好きあって一緒に暮らしていても自我を変えることができなかった二人の破綻なのだろう。
 
 物語は、二人それぞれの視点で語られる。
 そうやって二人は、自己の空虚を語っているのだとも思った。

 読後が意外なほどさわやかで、ちょっと驚愕。
 大石圭なのに…ww

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/28 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/03 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/21 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/31 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

官能小説 ランキング

官能小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む