サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 113件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-105009-6
文庫

紙の本

美徳のよろめき 改版 (新潮文庫)

著者 三島 由紀夫 (著)

美徳のよろめき 改版 (新潮文庫)

税込 539 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー113件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

美徳のよろめき

2020/05/28 03:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雄ヤギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

発表直後に話題を呼び、「よろめき」が流行語になったというのは、掲載紙された『群像』の担当者・大久保房男の本で読んで知っていた。とにかく戦後日本において、大きな話題を呼んだ一冊である。
物語は、既婚の倉越節子の不倫の物語である。「官能の天賦」のある節子は、愛人・土屋との、結婚前にした接吻の記憶から、数回の逢瀬を経て恋にいたり、堕胎までする。
ここで語られる「美徳」とは、娘の不祥事でも職を辞すると語る節子の父や、それを聞いて土屋との関係を絶とうとする節子のことを言うのだろう。ただし、節子は「官能の天賦」があるためか、それがよろめいてしまう。
今の時代、衝撃を与えるようなところはないが、上流階級の「よろめき」が読めるのは面白いかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

背徳感たっぷり

2020/01/05 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

何不自由ない人妻・節子が道を踏み外して様子が、淡々と綴られていました。束の間の逢瀬を重ねながらも、全てが夢のように消えていくラストが忘れ難いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「よろめき」という言葉が本当に相応しい

2015/05/26 11:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とと - この投稿者のレビュー一覧を見る

今で言うと、「昼顔」でしょうか。
人妻の不倫を描いた作品。
ピュアで駆け引きのない恋をしてきた人にとっては、「なんでそうなるの?」「どうしてそれをやっちゃうかなぁ」と、主人公の行動が不可解なものとして全く共感できないかもしれません。でも、微妙な恋を経験した者にとっては、すごく共感できる部分が多い作品かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこまでも日常

2002/07/09 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:司既 敬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

三島文学を思うといつも思うのだが、この人は人の非日常を書かない。どこまでも淡々としている日常を書く。戦争ものも、戦闘中のものは書かない。このどこまでも日常さかげんが最大の魅力なのかもしれないが…。さて、この話は言ってしまえば不倫の話である(でもやっぱりそこで離婚とか大事が起きる訳じゃない)。しかも最初は主人公は相手の男に魅力を感じていない。それがどこまで発展して、いくのか…それは読んでのお楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美徳のよろめき

2001/09/21 16:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲップ6号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いわゆる姦通小説である。発表当時は話題を読んだらしく、よろめきという言葉まで流行ったそうだ。しかし、現在読んでみるとその類の小説が増えたせいか、あまり衝撃は受けない。しかし、三島の傑作は傑作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/10 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/23 03:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/28 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/27 07:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/30 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/06 09:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/26 05:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/18 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/06 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/21 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。