サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アクセル・ワールド 10 Elements

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アクセル・ワールド 10 Elements(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/333p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886241-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アクセル・ワールド 10 Elements (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著),HIMA (イラスト)

『遠い日の水音』—西暦二〇四六年、秋。新生“ネガ・ネビュラス”の一員となったシルバー・クロウことハルユキだが、とある過失でバーストポイントを急激に減らしてしまう。窮地に立...

もっと見る

アクセル・ワールド 10 Elements (電撃文庫)

616(税込)

アクセル・ワールド10 ―Elements―

616(税込)

アクセル・ワールド10 ―Elements―

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「アクセル・ワールド 10 Elements」が含まれるセット商品

アクセル・ワールド (電撃文庫) 21巻セット(電撃文庫)

アクセル・ワールド (電撃文庫) 21巻セット

商品説明

『遠い日の水音』—西暦二〇四六年、秋。新生“ネガ・ネビュラス”の一員となったシルバー・クロウことハルユキだが、とある過失でバーストポイントを急激に減らしてしまう。窮地に立ったハルユキに、タクムは加速世界の“用心棒”を雇うことを提案する。『最果ての潮騒』—西暦二〇四七年、春。新入生・能美征二の策略によって、かつてない危機に陥ってしまったハルユキ。時を同じくして、黒雪姫は修学旅行先の沖縄で、奇妙なバーストリンカーに“対戦”を仕掛けられていた。『バーサス』—西暦二〇四七年、春。ハルユキはブレインバースト内で、黒い剣士の姿をしたアバターと出会う。次元の壁を越えて、二人の主人公が激突する!待望の特別編。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本編の補完的な短編集

2015/08/28 09:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

他シリーズとのコラボ短編も含んだ、本編の補完的な短編集だ。ハルユキ視点で描かれる本編ではみられようもない、中学生らしい黒雪姫の姿や、過去の意外なエピソードを知ることができる。

「遠い日の水音」
 有田春雪が黛拓武の協力を得てようやくレベル2に到達するポイントを獲得した頃。ハルユキのポカミスでレベルアップギリギリのポイントでそれを使ってしまい、レベル2になった代わりに全損の危機が訪れてしまった。
 タクムは自分のポイントを半分分けるというのだが、それを断ったハルユキは、低レベル者の全損危機を、ある代償を捧げることで守る用心棒を雇うことにする。アクア・カレントというそのバーストリンカーは、自身はレベル1でありながら、これまで護衛対象を全損させたことが一度もないという、伝説の存在だった。

 ある意味で今巻のサブタイトルともっともリンクした短編だ。つまりアクア・カレントは…。そしてハルユキがこのことを覚えていないことにも、きちんと理由がつけられる。

「最果ての潮騒」
 ハルユキが能美征二の策略で追い詰められていた頃(夕闇の略奪者参照)。黒雪姫は修学旅行先の沖縄で、生粋の沖縄生まれのバーストリンカー、安里琉花と糸洲真魚に出会う。東京23区以外で生まれたバーストリンカーという存在自体に驚愕した黒雪姫だったが、彼女たちの相談事の原因は、加速研究会が関わっている実験だった。
 黒雪姫の視点で、ハルユキや生徒会の友人である若宮恵、そして自分自身の彼らとの関わりを問い直しつつ、本編の裏側で繰り広げられていた事件を語る中編だ。

「バーサス」
 アラレちゃんと孫悟空はどっちが強い?という問いに作者自らが答えを出したみたいな短編だ。量子コンピューターの生み出したパラレルワールドとのリンクで、キリトはハルユキのシルバー・クロウと対戦することになる。果たしてその結末は…?
 「>ソードアート・オンライン」「アクセル・ワールド」は共にバーチャル世界でのバトルを描いている訳だが、そのコントロールシステムの相違を、空を飛ぶ、という行為で説明している、とも見ることが出来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/27 12:49

投稿元:ブクログ

2012/09/27:なぜか読めなくてやっと読み終わりました。沖縄編、言葉とか基地問題とかちょっと気になりつつもクリキンがいい味出してて面白かったです。

2012/04/15 00:16

投稿元:ブクログ

今回はインターバル的な短編集。
物語の序盤でタクムと和解した直後のお話、黒雪姫が沖縄修学旅行中のお話。
そしてまさかのSAOとのクロスオーバーw

作者が両作品を明確にリンクするものではないと述べつつも、偶然の中の奇跡としてヤッチャッター的なお祭りSS。
両作品ともデュエルがあるので必然的に戦うことになるのだけれど・・・やはりキリトさんぱねぇッスw

11巻からはまた本編に戻るようなので、災禍の鎧を浄化したあとどう加速していくか楽しみです。

2014/02/12 15:38

投稿元:ブクログ

短編3作。「遠い日の水音」でアクア・カレント登場。これも伏線になるんだろうなぁ、これでエレメンツの残りは1人。しかし、記憶を消すってのは都合良過ぎ(笑)「最果ての潮騒」は黒雪姫の沖縄修学旅行。アニメで好きだったエピソード、本編になくてがっかりしたが、ここにありました~(^.^)
「バーサス」はSAOとのコラボでキリト登場。さすがに遊び過ぎでは・・面白かったからいいか・・

2011/12/29 15:28

投稿元:ブクログ

短編集。というより中編1本に短編2本という感じですかね。しれっとレベル1の重要人物っぽい人が出てきてたり、環境利用!リサイクルロボ!だったりしてたけど、個人的にはやっぱり「バーサス」が楽しかったかな。完全アウェーの世界なのに王クラスの雰囲気とかキリトさんマジパねぇ。

2012/07/04 01:45

投稿元:ブクログ

アクセル・ワールド初の短編集。

「遠い日の水音」はアニメで、「バーサス」はドラマCDで先に楽しんでしまったので、主に「最果ての潮騒」について。

「遠い日の水音」はレベル2になった途端ポイント全損の危機に陥ったハルユキが用心棒を雇う話。
用心棒であるアクア・カレントはすぐ再登場してくれるのだろうか、そこが気になって仕方がない。やっぱメガネっ娘いいわぁ。

「最果ての潮騒」はハルユキが能美征二に苦しめられてる頃、黒雪姫は沖縄でどうしてたかの話。
黒雪姫は沖縄に住む羽目になった昔の戦友と再会する。彼がインパクト強すぎで逆に本編に出てくることは無さそう(´・ω・`)
恵はやっぱ・・・なんだね。でもそれだと、今の状況がよくわからないな。なんかAWって伏線張りすぎで回収できるか心配になってきたわw

そしてAWとSAOのコラボ小説「バーサス」。
ちまちました事を言ってる方がおられますが、私から言えることはただ一つ。
「こまけぇこたぁいいんだよ!!」

2012/01/07 21:03

投稿元:ブクログ

今回は短編集。少し前のストーリーの補足的な内容と、他のシリーズと連携させた内容。軽く読めたけど、ちょっと物足りないかな。次号はまた本編に戻るようなので期待。

2014/01/18 16:16

投稿元:ブクログ

アニメを見ていたときに、本編にはあって、小説にはないなと思っていた部分の短編集。
ハルユキくんがレベルアップにポイントを使ってしまって、全損の危機に陥った時に用心棒を雇うお話。
沖縄に修学旅行に行った黒雪姫のお話。
もう1篇はソードアートオンラインの主人公キリトとシルバークロウがデュエルするお話。

2012/01/13 06:23

投稿元:ブクログ

短編集。過去の隙間を縫う話。
でも最初のやつってもう漫画化されてなかったか?

最後のコラボは無理ありすぎ。主人公対主人公ってきしむので実はあまりすきではなかったりする。
ぜってー決着つかないしな。

2011/12/12 00:13

投稿元:ブクログ

短編もいいですねえ!
同じ”黒の王”でもどこぞの魔界の王様とはまるきし違うぜっ!
って、シュバルツ・ロアネタは置いといて…

「唯一の一」とか「クリムゾン・キングボルト」とかもう、
厨二魂全開だぜっ!
修学旅行編も満足度たけーし、キリトvsシルバー・クロウとかもう!
もう!もう!もう!って感じですよっ!

アニメはがんばってほしいなあ
(2012/5/20追記:アニメも超がんばっています!)

2011/12/28 13:23

投稿元:ブクログ

短編集、今までのエピソードが補完される感じ。本編に組み込んでおけばよかったんじゃないか?と思わないでもない。SAOとの相互はいらないと個人的には感じた。

2011/12/30 09:49

投稿元:ブクログ

過去の隙間を埋める中篇2作とSAOとのコラボ1作。
過去編については、今後に繋がるようなくだりもあるので、案外重要だったりするかも。
個人的にはキリトvsシルバークロウは、ちょっと無理があるというか、あんまり見たくなかったなあ~という印象です。
11巻に期待

2012/01/04 21:45

投稿元:ブクログ

短篇集でありながら、本編にも影響を与えそうな重要なエピソードを含んでいてワクワクする。
第1話では、elementsの一人アクア・カレントが登場(していた)。
カラー不明、全身に水を纏い、他人を守ることもでき、記憶操作まで可能!
第2話は、黒雪姫の修学旅行でサービスカットのためかとおもいきや、巨大ロボットになれるクリムゾン・キングボルトや、水中型に可変するラグーン・ドルフィンとコーラル・メロウ、強制変遷アビリティーの若宮恵が登場。最後にはエネミーをテイムできる強化外装ミスティカルレインズを入手する。
第3話はSAOとのクロスオーバーで完全に読み切りになっている。

2012/05/31 17:06

投稿元:ブクログ

 正直やっぱり中学生とは思えない...

考え方も、強さも子供じゃないというか。

けど、よくよく考えると、子供だから持ってる強さ、なのかも。とか。

2014/05/19 23:38

投稿元:ブクログ

加速世界に生きる少年少女の話の第10弾。
今回は番外編3篇。

遠い日の水音…★★★★☆
ハルユキが1から2へレベルアップするときにやってしまったことから始まる話。
アニメで先に見てしまったが、カレンさんだけでお腹一杯です(笑)

最果ての潮騒…★★★☆☆
ダスクテイカーとハルたちと戦っていた裏で修学旅行中の黒雪姫先輩が沖縄でとあるバーストリンカーと出会ってからのあれこれ
こちらもアニメで見たけど、アニメの方がわかりやすかったかな。
エネミーの絵も欲しかったかな。

バーサス…★★★★☆
ブレインバーストにバグ発生!?
SAOからの刺客が!
反則です(笑)
バトルシーンだけで描いていたのだけど、それだけで満足できるSSです。
でも、SAOを読んでない人には楽しさは半減だろうな。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む