サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アンチリテラルの数秘術師 4

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンチリテラルの数秘術師 4(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/307p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886245-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンチリテラルの数秘術師 4 (電撃文庫)

著者 兎月 山羊 (著)

東京内戦の跡地に肝だめしにやって来た俺たちは、“零”の災厄の数、カラスと出会う。彼を見て、安藤照子さん—アンデレは動揺していた。その晩、俺の家を突然訪ねてくるアンデレ。「...

もっと見る

アンチリテラルの数秘術師 4 (電撃文庫)

680(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

アンチリテラルの数秘術師4

680 (税込)

アンチリテラルの数秘術師4

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京内戦の跡地に肝だめしにやって来た俺たちは、“零”の災厄の数、カラスと出会う。彼を見て、安藤照子さん—アンデレは動揺していた。その晩、俺の家を突然訪ねてくるアンデレ。「…一緒に行ってくれたら、1つだけ何でも言う事聞くって言ったら…?」アンデレは俺が向かった地下には、あるはずのない電車が走っていた。中から現れたのは執行官ディエゴと、雪名。「誠一君は、どうしてアンデレさんと一緒に来たのかな?」なぜかモジモジする雪名と共に、俺は地下奥深くである秘密を手に入れる—。“数”の異能力バトル、第4弾開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アンデレがツンデレ

2015/08/28 09:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京内戦で父親を失い、妹の愛架と共に二人で生きて来た冴上誠一は、高貴なる血族の娘であるために、戦争の原因を生みだした先端科学機構で実験体として扱われてきた羽鷺雪名と知り合い、数秘術という不思議な力がこの世にあることを知った。そして彼自身も、アンチリテラルと呼ばれる存在らしいことも。
 だが、そんなことと関係なく、彼らは高校生として今を生きている。雛木加苗や教団の執行官アンデレでもある安藤照子らと一緒に、男女ペアで肝試しなんていう企画も出てくる。そうしてやって来た東京内戦の跡地で、彼らはアルヘトスであるカラスと猟奇殺人犯・椚木殺刺と遭遇する。

 東京内戦の原因となった先端科学機構とは、本当は何をしていた場所だったのか。そしてそこに、冴上誠一の父や羽鷺雪名の両親はどう関わっていたのか。一部、読者は既に知っている事実を登場人物たちも知り、そしてそこに、アンチリテラルという存在が大きく関わっていることを知る。
 そういう流れとは別に、人間の心を持たずに生きて来た羽鷺雪名も、様々な人との関わりで、普通の女の子の様な反応をするようになって来た。その無自覚な気持ちは、冴上誠一の周囲の人物にどんな影響を与えていくのか。そんな見どころもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/16 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/26 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/21 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/10 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む