サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 探偵失格 1 愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

探偵失格 1 愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/325p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886139-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

探偵失格 1 愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス (電撃文庫)

著者 中維 (著)

黒塚音子といえば、性格奔放にして不穏分子、ひとたび登場すればクラス内に警報が発され清めの塩が撤かれるという有様なのだければ、僕・空野高にとっては愛の奴隷として信奉すべき「...

もっと見る

探偵失格 1 愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

黒塚音子といえば、性格奔放にして不穏分子、ひとたび登場すればクラス内に警報が発され清めの塩が撤かれるという有様なのだければ、僕・空野高にとっては愛の奴隷として信奉すべき「お姉ちゃん」だ。しかしある日誘われた、ドキドキのお泊まりだったはずの旅行にて、僕は彼女の真の姿を見る。外法の象徴「不死姫」を擁し、狂信軍人、謎の魔女をはじめ規格外の面子が集う時刻館—通称「地獄檻」で発生する、館ものの必然の如き連続殺人事件。敵地の極みで起こる阿鼻叫喚の果て、「崇り神」と「探偵失格」とが見つけだすのは犯人か、それとも、百鬼外法の成れ果てか—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

後悔した記憶をいま塗り替える

2015/08/28 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い頃に姉と慕っていた人物を通り魔に殺されてしまい、彼女を見殺しにしたことを後悔し続けてきた空野高は、学校の屋上で出会った黒塚音子に魅せられた。彼女は昨年、屋上で起きた自殺事件に関わっているとして、周囲から避けられていたのだ。それなのに空野高は、彼女にかつて失った“姉”の面影を見出した。
 だが実は、彼女は普通の女子高生ではなかった。肉親はおらず、転法輪公爵を後ろ盾に持ち、皇国の暗部では呪法庁の祟り神と囁かれる人物だ。そんな彼女に誑かされてしまった空野高は、地獄檻の異名を持つ時刻館に、バカンスと称して連れて行かれる。そこは皇籍離脱を申請中の皇族・時之宮零時が管理する館で、不死姫という、その名の通りの不死の女性がかこわれていた。

 呪法庁を敵視する陸軍石神元帥府の中尉、神々の蛮刀と称される神薙虎徹と黒塚音子の対立に巻き込まれながら、メイドの茉莉夜や魔女・マダムバイゼンという人物たちと出会い、そこで起きる自分の手に負えない出来事に、またもや目の前で大切なものを失ってしまう恐怖に囚われることになる空野高は、論理的ではなく感情的な理由で黒塚音子を信じ、彼女の潔白を証明するために探偵仕事をすることになる。

 技術・文化レベルは現代と同じだが、軍部が存続しているなど、歴史的な雰囲気も併せ持つ現代ファンタジーに、ミステリーっぽい要素を付加している。西尾維新の「戯言シリーズ」がなければ、世には出ていなかったのではないかと思わせる内容でもある。
 事件が起きるのは隔離された洋館なのだが、主人公たちが高校生という設定もあるため、冒頭と最後に学園ラブコメのような要素も付け加えられている。そのあたりは明月千里「探偵殺人シリーズ」に近しいところもあるかもしれない。

 慣用句などの使用法に疑問がある部分もあるので、校閲作業はもうちょっとしっかりやった方が良いかも。密度の高い怒涛の文章でありながら、不思議とライトな部分も併せ持っているので、文章を整理したらもっと面白くなるかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/27 01:14

投稿元:ブクログ

電撃文庫で探偵だとこうなるのかふむふむ…で、疲れた…勢いがありすぎてついてくの辛い。失格と逃げながらもまぁ、探偵しているじゃないかと思いました。館モノの、クローズドサークル、きっちり密室。いわくはありすぎな設定で飛びぬけていた。だがしかし、ワトソンがおらん。
めぐりめぐっての最後のほうの正体明かしには、あぁそこへ辿りつくのか、と。題材としては好きなんだけどもなぁ。

2011/12/25 20:42

投稿元:ブクログ

“「殴られて笑うなんて、キミってやっぱり変な人だね。敵でもないのにボクに近づこうとして、キミは一体何なんだい?」
「魂の伴侶……と言いたいところですが、僕だって健全な男子高校生です。まずは『お友達』からはじめましょう!」
「トモダチ?」
「ええ、友達です。一緒にお昼ゴハンしたり、お手て繋いで登下校したり、イチャイチャしたり、それからそれから——」
夢は広がる野望は尽きぬ。ああ、有頂天になってしまって上手く説明できないや。
「い、いや、それは友達とはちがぶべ」
邪魔な烏は踏んづけて黙らせる。
「と、とにかく、ずっと一緒にいるんです!」
「ずっと……一緒に?」
僕に振れた拳をさすりながら、彼女は興味深そうに頷いた。
「友達……なるほど。それが友達っていうものか。うん、面白い。退屈凌ぎにはちょうどいいや。キミと交わした約束どおり、ボクは留年してあげる。その代わり、今日からキミはボクの『共犯者』だ」
「う、虚け者!一般人を巻き込むモガ——」
口うるさい烏の嘴を押さえて彼女は歌う。蠱惑敵な艶声で「それでもいいの?」と僕を誘う。
共犯者?それがどうした。お姉ちゃんと一緒なら、たとえ国賊反逆者。
「僕こと空野高は地獄の底までお供します!」”

世界観とか好きだなー。
中身もオチも好き。
ただちょっと語り部の口調がちょっと苦手というか取っ付きにくかったり。
主人公の精神的幼さなのか作者さんのものなのか。
最後の狐の皮が剥がれた場面のイラスト良いね。

“「まったくもう、祟り神は情緒がありませんこと。この方とはもっと愛を育み、肉欲に浸り、いずれはベッドのなかで睦み合いながら食べようと楽しみにしてましたのに……」
彼女が掌を丸めて「コン♪」と鳴く。すると、表情がぐにゃりと歪む。顔面のパーツが蠢くと、ルシャナそっくりの造形になった。ただし、金眼金髪の。
「——そ、そんなッ!?」
「真に傑作でございました。少女のように泣きじゃくるあの女。妾に生きたまま喰われながらずっと名を呼んでいましたのよ?零時さまー零時さまーと」
彼女が狼狽える零時へと舌を垂らす。そこには血塗れの眼球が載っていて、虹彩はブラウン。不死姫と同じブラウンの眼球。それを彼女は口内へ戻して、コクンと飲み干した。
「たいへん美味しゅうございました」”

2014/02/22 21:04

投稿元:ブクログ

学校全体から恐れられている『先輩』を慕う主人公。
その先輩の誘いによって出かけたバカンスは
まったくバカンスではない怪奇事件の現場だった。

世の中の金と権力がある人達が、こぞって欲しがるもの、がテーマ。
何せ相手が人のようで人でない。
むしろどう順序立てていいのか…というよりも
普通の手段で考えているのか。
とか思っていたら、やはり無理でした。

それよりも、何だか佳境まじかでもう飽きてました。
頭がこんがらがってきたというか
もうどうでもいいや…という感じで。
最後の方は流し読み。

2014/03/21 20:11

投稿元:ブクログ

留年してる先輩に誘われてゴールデンウィーク最後の三連休にバカンスへ.
付いた先は山奥の館,地獄監.
更にヘリから飛び降りて噴水を粉砕しても平気な顔して歩いてくるターミネーターみたいな軍人.
あれ? バカンスは?

というわけで,いわくつきの山奥の館でクローズドサークルな殺人事件.
そこそこ面白かったけど最後のトンデモ展開ががが.

2014/07/13 15:22

投稿元:ブクログ

期待通り、予想外の方向にずれている探偵小説でしたね。
いや、探偵小説じゃないのかな?
一粒で二度おいしいとかそんな感じです。
純粋な推理小説ファンの人には耐えられないかもしれないけれど、ファンタジー読みならばとても楽しめることでしょう。
ただ、この手のネタってシリーズ化するのは難しいんじゃないかなぁ。
続編のできはどうなんだろう。

2011/12/16 20:44

投稿元:ブクログ

探偵は失格、彼女は人外。外道が外法に騙り騙られ愛し裏切り魅せられ放蕩し、そしてだれもかれもみんな死んだ。まともな奴はいないのか。そしてなんというか設定がちょっと複雑で扱い切れてないというか説明が不足しているというか、描写不足な点がちらほら。さりげなくエグかったり、狂気だったりは楽しかった。こういうタイプは一気に読まないと、最後の最後でどっと解決が押し寄せるから、思考が追いつかずに?となってしまう。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む