サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 僕と彼女のゲーム戦争 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕と彼女のゲーム戦争 2(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/368p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886080-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕と彼女のゲーム戦争 2 (電撃文庫)

著者 師走 トオル (著)

転入先の高校で、ゲーム部こと現代遊戯部に入部した岸嶺健吾。美人生徒会長・天道しのぶや変態教師・瀬名と一緒に、岸嶺は刺激的なゲームを次々に体験する。初めて挑戦したゲーム大会...

もっと見る

僕と彼女のゲーム戦争 2 (電撃文庫)

637(税込)

僕と彼女のゲーム戦争2

637 (税込)

僕と彼女のゲーム戦争2

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「僕と彼女のゲーム戦争 2」が含まれるセット商品

商品説明

転入先の高校で、ゲーム部こと現代遊戯部に入部した岸嶺健吾。美人生徒会長・天道しのぶや変態教師・瀬名と一緒に、岸嶺は刺激的なゲームを次々に体験する。初めて挑戦したゲーム大会では惨敗したものの、岸嶺はなんとか立ち直り、天道や瀬名とともに目の前の課題にとりかかる。ゲーム大会のチーム戦に参加するには、部員が一人足りないのだ。四人目のメンバーを探す彼らの前に現れたのは、強気な金髪ロリ巨乳の少女だった…。有名ゲームが実名で登場する話題の人気シリーズ、待望の第2巻。リアルなゲームプレイシーンはエキサイト必至。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/12/15 12:24

投稿元:ブクログ

2011/12/10
⇒まんだらけ 367円

今回はTPSやFPSのゲームにスポットが当たり、
物語も、ようやく役者が揃って”皆でLet's Game!”な感じ。
新キャラは年上でロリ巨乳というなんともまぁ…定番ですね。わかります。
このペースで色々なゲームを触りつつ、成長していくような話なら
これからも期待したいシリーズ。

八宝さん一巻よりも時間なかったのかな、1巻は凄く?良かったのに。
狙ったようなシチュの挿絵しかなく、もうちょっとバリエーション欲しかったかも。

2012/10/04 21:37

投稿元:ブクログ

新しいメイン人物はテンプレなツンデレさん。金髪ツインテじゃ仕方ないねー。そんなまどか話の影響か、今回はFPS/TPSがメインでした。完全に未知の世界ですが、結構分かりやすくて面白かったです。最後の「講座」もよかった。毎巻いろんなジャンルでやってくれてもいいんじゃよ?魔術師も先生に負けないくらい厨二だった。

2012/01/14 16:19

投稿元:ブクログ

 1巻の感想にも書いたような気がするが、ゲームの描写自体はあまり面白くないと思う。あくまで物語なのだから、ゲームを軸にキャラと物語がどう動くがが主眼になったほうが面白いはず。ゲームの描写を入れるにしてもそのゲームでの動きにはキャラが反映されてないと。ゲームにはキャラの肉体性が全く現れないのだから。こういうキャラだからこういうゲームを好む、こういう役割を好む、そういう理屈付けが欲しい。この小説、本筋はほとんどおまけみたいなもんだし、ゲーム描写は本筋とほとんど独立だしでどうもバラバラというか。
 ただまぁ八宝絵はエロいし、巻末の技術解説は面白かった。図書館の娘も次巻で動き始めるようだしとりあえず次も読むだろう。

2011/12/22 06:34

投稿元:ブクログ

リアルなゲーム描写があまり例を見ない小説。
ゲームやりたくなるような楽しさを感じるんだけど、やるとだめなんだよな。アクション系って。。。

で、案の定フラグがぽこぽこたっているけど、また最後で奇妙なところで立ちそうだなぁ。。。

2011/12/13 18:54

投稿元:ブクログ

金髪ロリツンデレ巨乳などというでかい釣り針にかかってたまるブヒーz(ry 183頁の挿絵最高です本当にありがとうございました。
今回はFPS、TPSのゲームがメインで現代遊戯部そろそろ本格活動といった様相。それにしても描かれるゲームの楽しそうなこと。ゲームしたくなるなあ。
おまけの『杉鹿まどかのFPS講座』は普通にへぇーとなって凄く面白かった。
あと、覗きシーンが好きなのは作者さんなのか絵師さんなのか両方なのか、気になるw

2012/01/22 13:55

投稿元:ブクログ

今回は主にFPSを主人公がプレイして中のキャラクターになりきっていた。
自分が遊んだことのあるゲームが話の中に出てきたので楽しく読めた。

ヒロインはツンデレの金髪ツインテール
なんてわかりやすい・・・

2011/12/21 22:41

投稿元:ブクログ

2巻目だけどがっつりリアルゲーム出してるのがいまだに新鮮。

受けも作者のFPS熱も伝わってくる。

2012/04/18 23:09

投稿元:ブクログ

SAOやAWのような、没頭型ゲーム小説の第二段。
まぁこの作品で没頭してるのは主人公だけだけどねw

今回は前巻ちょろっと登場した金髪ロリの杉鹿まどかをゲーム部に入部させるために頑張る話。
出てくるゲームは「ロストプラネット2」や「Halo:Reach」などなど。
この手のガンシューティングはまったくプレイしないから専門用語やらなにやらいわれても分からないことが多いんだけど、きちんと説明されてるから読みやすいね。

この手の没頭型は「曲がり角を曲がったら敵が潜んでいるかもしれない」といった緊張感なんかが半端ない。
主人公と同じ目線になってゲームを楽しめます。
他人がやってるゲームを見てるのが好き、なんて人には特にお勧めできる作品かとw

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む