サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 子規に学ぶ俳句365日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子規に学ぶ俳句365日
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-1872-8
  • 国内送料無料

紙の本

子規に学ぶ俳句365日

著者 週刊俳句 (編)

近代俳句の祖・正岡子規が短い生涯に残した数多くの俳句から、時候・行事にあわせて選んだ365句を若手俳人9人が解説し、子規俳句の魅力を語る。季節を楽しみながら俳句の骨法がわ...

もっと見る

子規に学ぶ俳句365日

1,620(税込)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代俳句の祖・正岡子規が短い生涯に残した数多くの俳句から、時候・行事にあわせて選んだ365句を若手俳人9人が解説し、子規俳句の魅力を語る。季節を楽しみながら俳句の骨法がわかる本。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

俳句を若い人へ

2012/02/13 08:34

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 俳句という短詩文芸はなんとなく年寄り好みのものと思われがちです。花鳥風月を愛で、という風流が、時間に余裕のあるお年寄りめいて見えるのでしょうか。あるいは俳聖と呼ばれた松尾芭蕉の印象でしょうか。
 俳句を趣味に、なんていうと、定年後の時間を楽しんでいるように思われます。
 確かに長い文章を書いたり読んだりするのは体力がいります。その点わずか十七文ですから、年を重ねていくとなじみのいい文芸です。 
 しかし、俳句は決してお年寄りのものではありません。
 若い人の瞬間に込める力こそ大切なのです。

 明治の俳人正岡子規はその生涯をわずか34年で閉じました。子規は現代の俳句の礎を築いた人ですが、彼が俳句を始めたのは20代の終わりでした。子規に続く高浜虚子たちも皆若い人たちでした。
 つまり俳句がお年寄りの趣味みたいに思われるのは明らかに間違いなのです。
 俳句は若い人たちが夢中になる文芸なのです。

 本書は正岡子規が生前詠んだ句から一年365日、一日一句ずつ選んで、句の紹介とその解説をまとめたものですが、選者は若い新進の俳人の人たちです。その中には1986年生まれのまだ20代の若者もいます。
 そういう若い人たちが子規の多くの俳句から選句したというのがいいですね。
 若い感性と、今から100年以上も前に亡くなった子規の感性が共鳴しあうというところに子規俳句のすごさを感じますし、それを評価する若い俳人たちの新しい息吹に圧倒されます。

 若い人にとって正岡子規の俳句はけっして古びていないのでしょう。
 それは1961年生まれの上田信治が書いているように、「子規の俳句革新は、いったん爛熟したのち低落してしまった文化に、明治の若々しく単純な精神を接ぎ木するもの」だったからこそ、現代の若者たちにも通じるものがあるのです。

 子規はきっともっともっと生きたかったにちがいありません。
 でも、子規の寿命が長かったとして、彼がいつまでも俳句を詠んだかどうかはわかりません。
 もしかすると、年老いた子規なら、俳句は若いうちこそ面白いぞなもし、とつぶやいたかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/14 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む