サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 青幻舎
  • サイズ:15cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86152-315-1

紙の本

昭和ちびっこ未来画報 ぼくらの21世紀

著者 初見 健一 (著)

「地球大脱出」「人工たいよう」「コンピューターが人間製造」…。1950〜70年代の間に、さまざまな子供向けメディアに掲載された荒唐無稽な未来予想図を収録。当時の少年少女に...

もっと見る

昭和ちびっこ未来画報 ぼくらの21世紀

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「地球大脱出」「人工たいよう」「コンピューターが人間製造」…。1950〜70年代の間に、さまざまな子供向けメディアに掲載された荒唐無稽な未来予想図を収録。当時の少年少女に大人気だった想像遺産の数々をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

初見 健一

略歴
〈初見健一〉1967年東京都生まれ。主に1960〜70年代のキッズカルチャーについての話題など、レトロな戯れ言をネタに活動。著書に「まだある。」シリーズなど。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

 車はチューブの中で...

ジュンク堂書店三宮店さん

 車はチューブの中で空を飛び、道路は全て動く歩道。宇宙旅行が日常になり、人々はロボットと共に生活する―。一昔前の子供向け雑誌には、こんな「夢の未来予想図」がしばしば掲載されていたものでした。妙にバタ臭い絵で描かれる21世紀の姿に、ワクワクした人は多いでしょう。
 本書は、そんな当時の未来予想図を、いくつかのテーマに分けて完全再録したもの。小松崎茂や石原豪人といった巨匠による、貴重なイラストも見られます。
 彼らが描き夢見た21世紀に、私たちは今生きています。空飛ぶ車や宇宙旅行こそ実現しませんでしたが、イラストの中で「夢のエンジン」とされたイオンエンジンははやぶさで実現し、リニアモーターカーもいよいよ実用化しようとしています。そして残念ながら、「大震災」や「放射能汚染」といった、暗い未来予想も当たってしまいました。
 今我々が予想する未来は、かつてのような夢に溢れたものではないかもしれません。しかし、今を生きる人間の責務として、次の世代には夢ある未来を残したい、と、本書を読むと痛感します。

芸術書担当 小松寛茂

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

50年前の50年後の世界

2016/07/09 21:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

1950~70年代の間に、様々な子供向けメディア(学習誌、漫画雑誌等)に掲載された「未来予想図」。本書は、約40~50年前に遡り、当時、想像された21世紀を、暮らし・交通・ロボット・コンピューター・宇宙・終末に分類し、見開き2ページで、どんどん紹介しています。
 圧倒される絵の数々。今となっては荒唐無稽な未来予想図にワクワクした子供時代。私は、太陽の膨張・氷河期の再来・大地震・小惑星の衝突等々の終末論に怯えていた子供でした。そして、あっという間に50年が経過。特に感慨もなく日々過ごしているのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「答え合わせ」の本

2014/03/29 20:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんしゃずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供だったから,即ち単純だったからだと思うが,本書に収録されている様な未来予想図が幼いころ好きだった。
一言で表現すれば「凄すぎる」予想である。「そういう考え」が時は流れどうなったのか「答え合わせ」をしたのが本書である。
結論から言うと,「凄すぎる」から,技術・経済上の理由でほとんど実現していない。また,「世界の終わり」の想像図も収録されているが,こちらは「幸いなこと」にまだ現実ではない。
私にはページをめくって見ているだけで楽しい本である。著者のツッコミも楽しい。ただからかっているだけではなく,解説もしてくれている。
レビューを投稿するにあたって読み返しているのだが,「コンピューター」の章が興味深い。他の予想図に比べ「物語」という面を強く感じる。また,「滅亡」とは異なる「恐怖」の予想も味わえる。
この本を見ていると,「実現しなくて良かった」という予想,「実現させてはいけない予想」そして,「これから実現すれば私にとっては良い予想」と3種の「予想図」がある,そう思うのだ。科学技術や経済の専門知識が無くても,「こういう予想図」を子供時代に見たことがない人でも,想像が好きな人なら楽しめる1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/03/20 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/05 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/24 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/31 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/07 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/24 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/21 07:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/11 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/13 03:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/20 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/23 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/09 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。