サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 浪花少年探偵団 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

浪花少年探偵団 新装版(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/361p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277130-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

浪花少年探偵団 新装版 (講談社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

小学校教師の竹内しのぶ。担当児童の父親が殺された。家庭内暴力に悩んでいた児童と母親に嫌疑がかかるが、鉄壁のアリバイが成立。しかし疑念を覚えたしのぶは調査を開始。子供の作文...

もっと見る

浪花少年探偵団 新装版 (講談社文庫)

637(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小学校教師の竹内しのぶ。担当児童の父親が殺された。家庭内暴力に悩んでいた児童と母親に嫌疑がかかるが、鉄壁のアリバイが成立。しかし疑念を覚えたしのぶは調査を開始。子供の作文から事件解決の鍵が、たこ焼きにあることに気づく。教え子たちを引き連れて探偵ごっこを繰り広げる痛快シリーズ、第一弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

しのぶセンセの推理 7−75
しのぶセンセと家なき子 77−143
しのぶセンセのお見合い 145−208

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

とってもワクワク

2015/08/25 08:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tmiya - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、ドラマの話と同じ場面があったり、違った場面もあり、ドラマとはまたちょっと違った見方ができると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽快!痛快!しのぶセンセ!!

2017/02/11 11:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hee - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひとつ前に読了した『ウインクで乾杯』に引き続き、いや、それにも増してなんとも軽快!痛快!
そして、この文庫版解説で宮部みゆき氏が書かれているとおり、大阪弁がなんとも魅力的です。

「しのぶセンセ」こと竹内しのぶ(大路小学校教諭で6年5組担任)を中心に、6年5組の愛くるしい悪ガキたち、新藤刑事・本間の恋のライバル、そして漆崎刑事や中田教頭など、とても際立つキャラクターたちが、テンポの良い大阪弁を飛びかわしつつ、しのぶセンセの周りで起こる事件を解決していく...

ミステリー部分の骨格となる事件の謎は、全体のリズムを崩すことなく非情にシンプルに集約されていて、なおかつ、すばらしくキレがある。
また、短編5編それぞれにイロがあり、大きな物語の一つの部分を構成しているようにも思われます。

しのぶセンセと新藤・本間の三角関係、センセとこどもたちの絶大なる信頼関係、これらが、軽快な大阪弁で言葉少なながら十分すぎるほど伝わってくるのがとても心地よく、個人的には大好きな作品のひとつとなりました。

どうやらしのぶセンセシリーズには続きがある模様。
また、ドラマ化もされている模様。
どちらもいずれは鑑賞したいなぁ^^
また、ひとつふたつ、わが日常にイロドリを与えてくれる楽しみが増えました♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/06 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/01 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/11 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/07 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/02 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/23 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/01 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/05 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/10 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/07 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/17 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む