サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ハッピー☆アイスクリーム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハッピー☆アイスクリーム(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-746774-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ハッピー☆アイスクリーム (集英社文庫)

著者 加藤 千恵 (著)

“そんなわけないけどあたし自分だけはずっと16だと思ってた”将来への不安、不意に訪れる孤独、どうしようもなく募る恋心—。女子高生の揺れる気持ちを鮮やかに切り取り、話題を呼...

もっと見る

ハッピー☆アイスクリーム (集英社文庫)

454(税込)

ハッピー☆アイスクリーム

378 (税込)

ハッピー☆アイスクリーム

ポイント :3pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“そんなわけないけどあたし自分だけはずっと16だと思ってた”将来への不安、不意に訪れる孤独、どうしようもなく募る恋心—。女子高生の揺れる気持ちを鮮やかに切り取り、話題を呼んだ17歳のデビュー短歌集に、胸にせまる青春小説5編を加えたリミックスバージョン。思春期のとまどいがリアルに息づき、切ない共感と甘い郷愁をさそう。きらめく言葉がぎっしりつまった、宝石箱のような作品集。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔中公文庫 2003年刊に短編小説5編を加え再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

また雨が降る 7−27
十八歳で夏 29−55
不幸な場所 57−79

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

17歳の女子高生。老若男女が追体験できてしまうこの言葉のパワー。

2012/01/10 11:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の原型は既に絶版になっている『ハッピーアイスクリーム』。
著者が17歳の女子高生だった2001年、
歌人・枡野浩一氏のプロデュースによって
出版された短歌集だ。

枡野氏といえば…
『作家の手紙』というアンソロジーにノンフィクションの手紙を載せてみたり
なかなか興味深い人物である。
彼のもっとも有名な短歌(でいいのかな)といえばやはりこれだろう。
増野ではなく升野でも舛野でもなく桝野でもない枡野なんです。
(「益野」や「増埜」はいいの?っていう突っ込みはしないように。)


で今回。
その処女作品『ハッピーアイスクリーム』に、
五篇の短篇を加えて出版されたのが本書、
『ハッピー☆アイスクリーム』である。


お目当ては短歌だったのだけれど、
この短篇小説がいい。
どう「いい」かというと…
解説の中村航の言葉を借りると「ワカった」のだ。

高校生なんでわたしにとってはもう随分昔だし、
仕事先で高校生と接することがあるから
一般的な事務職よりは高校生が身近だけれど、
やはりその存在は眩しい。
そんな「昔」が舞台の作品を、
自分が楽しむことができるのか、ちょっと不安だった。

しかし読み始めたら一気。
繰る手が止まらない。
気が付いたら読み終えてしまっていた。

「共感」っていうのとはちょっと違う気がする。
この感覚はなんていうのだろう、「感情移入」?!
それもぴんとこない。

ただ。
各短編の主人公の行動と、
自分がシンクロしてしまうのだ。
わたしだったとしても、そうしてしまっている…。
造語なのだけれど、「響感」とでも表せばいいのだろうか。

うまく表現できないのがもどかしい。

それは恋だけじゃなくって、
将来のことや進路のことを
思いあぐねていたあの頃。

今現在そんな悩みを体感している
職場の高校生バイトちゃん。
それを羨ましくも微笑ましく見ているわたし。

だけど…
本書に没頭していたその時間、
まるで「あの頃に」タイムスリップしたみたいだった。




重要と書かれた文字を写していく なぜ重要かわからないまま


どうしようどうしていいかわかんないどうしようあたしあの人が好き


「燃やすとき公害になる」補聴器の電池を抜いた入棺のとき


ついてない びっくりするほどついてない ほんとにあるの? あたしにあした


人生はこれからなどと気の重くなることばかり聞かされている





かんたん短歌(糸井重里氏が命名らしい)。
簡単にできる短歌ではなくて、
簡単なことばで出来た短歌。
だから誰にでもわかる。

難しいことを難しく解説することは案外簡単。
でも難しいことや形にみえないものを、
平たく表現するって難しい。

それができるひとにわたしもなりたい。




『ハッピー☆アイスクリーム』収録作品
・また雨が降る
・十八歳で夏
・不幸な場所
・いつか離す手
・Today is the day.
・短歌


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/15 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/21 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/25 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/10 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/31 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/11 06:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/04 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 05:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/28 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/26 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/28 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る