サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あの日、パナマホテルで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あの日、パナマホテルで(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/479p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-760639-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あの日、パナマホテルで (集英社文庫)

著者 ジェイミー・フォード (著),前田 一平 (訳)

シアトルの航空会社を早期退職し病の妻を看取ったヘンリーは、絶望の淵にいた。そんなとき、戦時中収容所に移送されることになった日系人が密かに運び込んだ荷物が地下から40年ぶり...

もっと見る

あの日、パナマホテルで (集英社文庫)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シアトルの航空会社を早期退職し病の妻を看取ったヘンリーは、絶望の淵にいた。そんなとき、戦時中収容所に移送されることになった日系人が密かに運び込んだ荷物が地下から40年ぶりに発見され、騒然としているホテル横を通りかかる。目に飛び込んできた鯉の絵の傘…ケイコのだ!脳裡には、戦争のため離ればなれになった初恋の日系少女の面影が鮮やかに蘇り…。全米110万部のベストセラー。2010年アジア・太平洋文学賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【アジア・太平洋文学賞(2010年)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アメリカと祖国のはざまの小さな恋。

2016/04/23 20:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争中の収容所ものといえば、第二次世界大戦のドイツによるユダヤ人収容所が有名で、様々な小説や映画になっていますが、この物語は第二次世界大戦時のアメリカの日本人収容所が描かれます。

 1942年と1986年が交互に描かれますが、主人公は中国系二世のヘンリー。
1986年では57歳で、半年前に妻を癌で亡くし、息子は大学生で離れて暮らしていて一人暮らし。
シアトルのチャイナ・タウンに住んでいますが、そこに古いパナマホテルというホテルがあります。
その地下室から大量の古い荷物が発見されました。
かつてはチャイナ・タウンと日本人町はとなりあっていたのですが、戦争の勃発で日本人は強制収容所に移動。その際、持ち出せなかった荷物が40年の歳月を経て、発見されたのです。

 その荷物にヘンリーは、1942年、12歳の頃の思い出がよみがえってきます。

 英語を話せと父から命令され、アメリカ人(白人)の学校に通っていても、人種差別は根強くて、学校でもなにかと虐めにあうヘンリー。
文句や愚痴を言わないから、厳格な父親は息子はアメリカ人だと満足しています。
しかし、両親にとっては故郷は中国。母は広東語しか話せません。
中国人であり、アメリカ人である、という事の苦労を押し付けているのに反抗できないヘンリー。

 そんな時、出合った同じ年の日系二世の少女、ケイコ。
学校でのけ者にされていたヘンリーは、同じアジア人であるケイコと行動を一緒にすることが多くなります。ケイコもアメリカ生まれのアメリカ人。日本語は全くできない。

 そんな時にもとから中国と戦争していた日本が真珠湾を攻撃。
アメリカ、中国にとって敵国となった日本。
アメリカに住む日本人は全て財産を没収され、収容所へ。
ケイコも家族と一緒に収容所へと離れ離れになります。

 人種、ナショナリティー、移民、戦争といったものを描いていますが、あくまでもヘンリーとケイコの淡い初恋がベースになっていますから声高に意見を主張することはありません。

 作者はアメリカ人でありながら大変なリサーチをしたらしいです。珍妙な日本語や日本人名など一切なく、物語はどちらかというと淡々と語られます。
移民の国アメリカ。自由の国アメリカ。ただ、人種問題は根深いものがあってそれは今でも変わらないのかもしれません。
この物語は、人種差別という問題に一石を投じる物語でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/27 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/05 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/13 07:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/09 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/14 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/21 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/18 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/15 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/28 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/28 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/08 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る