サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大江戸料理競べ(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3625-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

大江戸料理競べ (ハルキ文庫 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)

著者 和田 はつ子 (著)

「人には、それぞれ心に秘している想いがある」—北町奉行所の烏谷椋十郎が、日本橋は木原店にある一膳飯屋「塩梅屋」を訪れたのは、正月明けの四日であった。老中の命を受けて、料理...

もっと見る

大江戸料理競べ (ハルキ文庫 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)

617(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「人には、それぞれ心に秘している想いがある」—北町奉行所の烏谷椋十郎が、日本橋は木原店にある一膳飯屋「塩梅屋」を訪れたのは、正月明けの四日であった。老中の命を受けて、料理競べをすることになり、季蔵に監視役を頼みたいという。城中への仕出し弁当の権益をめぐってきな臭い動きがあり、それを阻止するためらしい…(「大江戸料理競べ」より)。表題作ほか「新年福茶話」「ごちそう大根」「千両役者菓子」の全四話を収録。大ベストセラーシリーズ、待望の第十四弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

新年福茶話 5−52
大江戸料理競べ 53−101
ごちそう大根 102−152

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

相変わらず人は沢山死ぬが、今回は意外に凄惨さが無く、むしろ人情話が前面に出てきた感じで良かったが、少々、話がまどろっこしい感じがした。

2016/12/08 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず人は沢山死ぬが、今回は意外に凄惨さが無く、むしろ人情話が前面に出てきた感じで良かったが、少々、話がまどろっこしい感じがした。

 「一話:新年福茶話」では、金の仏像紛失事件だけで他に事件は無し。
 二話では、一話の金の仏像紛失事件が、花柳病に罹った女郎の身の上話に同情した主の一人娘の狂言であったということでアッサリと解決だが、同じ仏像を「麩」で作って奉公人たちが見終った直後に食べてしまうという手口が何とも愛嬌があって面白い。しかし、そうやって盗み出した金の仏像だが、普通に考えれば素人が簡単に捌けるものではないので、少々無理があった気がする。そんな折、北町奉行烏谷椋十郎が訪れ、最近城中出入り料理屋に指定されている「八百良」に対して巷で批判が出てきたため、有名3店による料理競べを行い、トップの店にも城中出入りを許可する計画にいて話す。ついては、不正が無いよう季蔵に監督を頼みたいという。木母寺・酔壽楼(又兵衛、妻おりん、板前・浩吉)、下谷・富士屋(銀蔵・妻お美菜)、芝神明・清水屋(清五郎)の3店で料理作りが始まるが、突然木母寺・酔壽楼(又兵衛)が急死して中断。次いで、下谷・富士屋(お美菜)も同じく急死。不祥事が公になることを嫌った北町奉行烏谷椋十郎の内命により季蔵が事件を調べていくと、木母寺・酔壽楼(又兵衛)と不倫関係にあった下谷・富士屋(お美菜)との関係を案じた木母寺・酔壽楼(板前・浩吉)が下手人であったことが判明。板前・浩吉はあっさりと罪を認めて自害して決着でした。
 他に、歌舞伎役者・春雷と不遇なその妻との人情話と、歌舞伎界と大奥との不祥事が少々絡むがまあそれは余談として。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/06 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/27 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/21 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/23 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/03 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る