サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 法学・法律
  4. 司法・裁判・訴訟法
  5. 文藝春秋
  6. 勾留百二十日 特捜部長はなぜ逮捕されたか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

勾留百二十日 特捜部長はなぜ逮捕されたか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-374960-0
  • 国内送料無料

紙の本

勾留百二十日 特捜部長はなぜ逮捕されたか

著者 大坪 弘道 (著)

密室内での緊迫感溢れる取り調べの模様、拘置所に入って初めて知った被疑者の苦悩、家族への思い…。大阪地検特捜部・証拠改ざん事件で逮捕された元・特捜部長による獄中手記。【「T...

もっと見る

勾留百二十日 特捜部長はなぜ逮捕されたか

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

密室内での緊迫感溢れる取り調べの模様、拘置所に入って初めて知った被疑者の苦悩、家族への思い…。大阪地検特捜部・証拠改ざん事件で逮捕された元・特捜部長による獄中手記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大坪 弘道

略歴
〈大坪弘道〉1953年鳥取県生まれ。中央大学法学部卒業。元・大阪地検特捜部長。大阪地検特捜部・証拠改ざん事件で逮捕され、大阪地裁にて公判中。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

著者を裏切った組織と支える人たちがあって出来た本

2012/02/06 23:21

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:甲斐小泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村木厚生労働者局長が障害者団体向けの郵便割引制度悪用に絡み逮捕のニュースを見て、こんな賢そうな人がそんな犯罪を犯したの?と思いましたが、その後、村木さんは無罪となり、一転して村木さんを捜査した大阪地検の特捜部長と副部長が逮捕されました。

 この時には、村木さんに感じた以上の違和感がありました。と言うのは、検察=鬼、怖いと言うイメージを抱いていた割に(その手のドラマは余り見ないので、祖母が近所に越して来られた元検事さんを、元の職業柄から怖いと思っていたらいい人だった、と繰り返し言っていたのが大きいです)、元特捜部長の大坪さんは、普通のその辺にいそうな、怖いよりは善良そうなオジサンに見えたからでした(アクションスターのジェット・リーが「海洋天堂」で演じた、近所でお目にかかれそうな雰囲気のお父さんみたいです)。

 いやいや、悪人は悪人って顔してたらばダメなんだよ、経済ヤクザなんて、見た目にはすごい紳士に見えるじゃん!と思い直しましたが、その後のバッシングを見て、少しばかりマスコミの松本サリン事件の時の反応を思い出したりもしました。

 しばらく事件の事を忘れていた時に、大坪元特捜部長が勾留されていた時に体験した事、思ったことがつづられているこの本を見つけました。

 第一印象は、余りにも特捜部長と言う事にこだわっていて、差別的表現ゆえ使いたくないのですが、他にうまい言い回しが無いので言いますが、女々しいと思いました。

 何で特捜部長の自分がこんな目にと繰り返しておられるのですが、ある時点から、著者はかつて自分が塀の中に追い込んだ被疑者の身と我が身を重ね合わせるようになります。

 主に経済事件など、いわゆる凶悪犯よりはお金持ちやインテリさんを追い込む事が多かったから、なおさら、取り調べ官の言動一つでいかに屈辱を味わったり、逆に救われた気持ちになれるかを体感します。

 著者によると、フロッピー改ざん事件絡みの逮捕は検察組織のトカゲの尻尾切りで、本体を傷付けない為に著者と部下の副部長に全ての罪を被せたと言う事になります。

 取り調べる側として、被疑者を自白に追い込むノウハウを熟知している著者ですら、危うく認めますと言いたくなる捜査の様子を読むと、一般人ならば、例え自分がやっていない事でも、拘禁を逃れる為なら認めてしまうかもと思わされました。著者はそこまでは意図していないと思いますが、精神的な拷問に近い強引な取り調べによる冤罪はままあるだろうと思わざるを得ません。

 一読して女々しいと思われても仕方ない取り繕わない文章の書き方や、著者を信じ、支えようとする家族や司法修習生仲間や先輩、後輩などの言動に関する記述を読むと、確かにこの人はちょっとした取っ掛かりから貶められたのかも?と思われて来ます。

 著者の二男と近い年齢の我が子ならば、父親がこのような苦境に陥っても、決してこんな言葉を掛けて力づけたりしないだろうと思うと(私も著者の奥様のように頻々と面会などしないでしょうし)、忙しく仕事をしても、恐らくは仕事に逃げず、肝心な時には家族にしっかり対していたのだろうと思います。

 また、若干自慢臭はありますが、かつて自らが獄に追い詰めた人たちからの言葉も、著者が厳しさの中にも温情をもって当たったからだろうと思わされます。

 読後の感想と言うか直感はやはり、この人は仕事熱心なオジサンで、悪党じゃないよ!でした。

 実は最初に村木さん逮捕の報道を見た時に、女性の出世の足を引っ張りたい何者かが裏にいるのかしら?と言うインスピレーションが働いたのですが、この著者の場合は、あくまでも私の勝手な推量ですが、もしや検察組織内の学閥によってターゲットにされたのかも?と思ってしまいました。

 誇りを持って働き、信頼していた組織に裏切られたと言う著者は、ここまで書いた以上、例え無罪を勝ち得たとしても元のサヤには戻らないでしょう。今後は強引な捜査による冤罪などが起こらないように、善良な庶民の味方になって欲しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/05 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/05 13:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/22 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/13 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/27 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/15 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/09 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/02 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/21 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

司法・裁判・訴訟法 ランキング

司法・裁判・訴訟法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む