サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プリティが多すぎる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 119件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-381120-8
  • 国内送料無料

紙の本

プリティが多すぎる

著者 大崎 梢 (著)

「なんで俺がこんな仕事を!」女の子雑誌で孤軍奮闘する新米編集者の爽快お仕事小説。【「BOOK」データベースの商品解説】少女向けファッション誌の編集者・佳孝は、くせ者揃いの...

もっと見る

プリティが多すぎる

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「なんで俺がこんな仕事を!」女の子雑誌で孤軍奮闘する新米編集者の爽快お仕事小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

少女向けファッション誌の編集者・佳孝は、くせ者揃いのスタッフや年下のモデルたち、かわいい洋服や小物に囲まれて…。孤軍奮闘する新米男子編集者を描く爽快お仕事小説。『別册文藝春秋』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大崎 梢

略歴
〈大崎梢〉東京都生まれ。2006年「配達あかずきん」でデビュー。児童書にも活躍の場を広げている。ほかの著書に「平台がおまちかね」「スノーフレーク」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

ローティーン向けファ...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

ローティーン向けファッション誌の編集部を舞台に、新米男子編集者の悪戦苦闘を描いたお仕事小説。表紙カバーもプリティすぎる!
同じ出版社が舞台と言っても『舟を編む』の辞書編集部(こちらはこちらで特殊な場所なのだろうが)とは全く違った世界でとても面白い。
主人公のドタバタを笑って読める物語(そういう側面もあるが)かと思いきや、雑誌作りに携わる編集者やスタイリスト、カメラマン、少女モデルなどの姿を通じて、プロフェッショナルに仕事に取り組むということを考えさせ、教えてくれる作品。
店長 石本

みんなのレビュー119件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

なんで俺がこんな仕事?冷や汗、失敗。でも、頑張るってカッコいい。

2012/03/09 20:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんな仕事も、やってみなければ本当のところはわからない。外から見るのと、実際にやってみるのは大違い。
大変さキツさもそうだけれど、それだけでなく、楽しさもやりがいも。

文芸誌志望なのに、どういうわけかローティーン誌「ピピン」に配属された新米編集者の新見くん。
キラキラ、ふわふわ、ハートにリボンにピンク…の世界は、とてもじゃないけどやってられない、自分がやりたいことはこんなことじゃない、とウンザリしながらスタートするわけであるが。

お仕事小説であると同時に、そと見と実際の溝を埋めていくギャップ小説でもある。
新米編集者の成長小説でもあり、と同時に、仕事の楽しさと、人気や実力の有無といった厳しさにさらされるローティーンモデルの女の子たちの成長小説でもある。

撮影の雰囲気やオーディションの経過、モデルさんはもちろん彼女らの回りを囲むスタイリストやカメラマンや事務所や広告代理店や…と、普段知ることのないお仕事の様子を垣間見ることが出来るのは楽しい。
登場人物もキャラがしっかり描き分けられ、しっかりドタバタしてくれる。

中でも、「ピピンが私の友だちでした」という人が出てくるあたり、成風堂書店シリーズでデビューした大崎さんらしい、本(雑誌)への愛情も忘れずこめられているように思えてちょっと嬉しくなるのは、うがち過ぎだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/26 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/13 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/26 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/13 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/25 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/06 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/17 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/11 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/24 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/07 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/17 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る