サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 検証福島原発事故・記者会見 1 東電・政府は何を隠したのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

検証福島原発事故・記者会見 1 東電・政府は何を隠したのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-024669-9
  • 国内送料無料

紙の本

検証福島原発事故・記者会見 1 東電・政府は何を隠したのか

著者 日隅 一雄 (著),木野 龍逸 (著)

福島原発事故後の記者会見で、東電と政府はどのように情報を隠し、深刻な事故を過小評価し、誤った説明を繰り返してきたのか。膨大な取材メモと新たな取材をもとに正面から検証に挑み...

もっと見る

検証福島原発事故・記者会見 1 東電・政府は何を隠したのか

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

福島原発事故後の記者会見で、東電と政府はどのように情報を隠し、深刻な事故を過小評価し、誤った説明を繰り返してきたのか。膨大な取材メモと新たな取材をもとに正面から検証に挑み、マスメディアのあり方を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

東京電力・政府の醜い対応がよくわかります。

2012/01/24 23:30

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想 定内 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日隅一雄氏、木野龍逸氏お二人のフリージャーナリストが東電・政府会見に出席して見聞きしたり、取材して得たものをテーマ別にまとめた書である。
 東京電力、政府関係者、官僚たちの嘘、捏造した情報を改めさせることにも努力している。

 SPEEDIの情報がなぜ生かされなかったのか、今も原因と責任は誰にあるのかはっきりしていない。この問題などにも追求していたのは、この二人はじめフリーランスのジャーナリストがほとんどである。広告主である東京電力に強く追求できない大手マスコミ。信用できる情報は何なのか。原発事故に関しては自分で情報を調べていかないと、新聞やテレビの情報操作に騙されることになる。会見で話されていた重要なことでも、翌日の新聞、テレビでは報道されない、報道されても小さな扱いであることが多々起きていた。インターネット中継を見ていたため、自分で体験したことである。

 この本に書かれている会見の模様は今でもインターネット(ustream)に動画として残っており、確認することもできる。
 首相が収束宣言をした時点でも福島原発からは6000万ベクレルの放射性物質が放出され続けていました。このレビューを書きだす前には7000万ベクレルに増えたとニュースをみました。枝野氏の「直ちに影響はない」発言も訂正されました。今の政府、東京電力信用できません。
 反原発に賛成の人、少しでも疑問がある方にはおすすめできる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当に「直ちに影響はない」のか?

2012/01/26 10:35

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:書評王子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「直ちに影響はない」「直ちに影響はない」と言い続けた政府。
その言葉を受けて、移動しなかった福島県民。
福島県のみならず、東京でまで高濃度の放射能が検出されているという現状。
現在、とりあえずこういった状況にとどまっているが、この状況で安全なのか?
なぜこのような状況にとどまったのか?
原発事故後の政府、東電、保安院の会見を系列を追って並べ、
誰がどの発言をしたか、という流れをフリーランスのジャーナリストだからこそ、
隠すところなく書いた重要な本です。
今も重要ですが、これから先、何十年にわたり責任の所在を追求するのに、
必要になる本になるはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/17 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/11 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/12 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/15 04:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/07 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/14 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/18 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む