サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/132p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771440-1

紙の本

フラミンゴの村

著者 澤西 祐典 (著)

19世紀末のベルギー。農夫のアダン氏は、ある日突然「妻がフラミンゴになる」という不条理に陥る。忌み物扱いされるのを避けるため村人の目に触れぬようひた隠しにするが、幼い息子...

もっと見る

フラミンゴの村

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀末のベルギー。農夫のアダン氏は、ある日突然「妻がフラミンゴになる」という不条理に陥る。忌み物扱いされるのを避けるため村人の目に触れぬようひた隠しにするが、幼い息子の発言で村中に知れわたってしまう。しかし、司祭の口から驚きの事実が告げられ…。極限状況での人間心理を暴く。第35回すばる文学賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【すばる文学賞(第35回)】19世紀末のベルギー。農夫のアダン氏は、ある日突然「妻がフラミンゴになる」という不条理に陥る。村人の目に触れぬようひた隠しにするが、幼い息子の発言で村中に知れわたってしまい…。『すばる』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

澤西 祐典

略歴
〈澤西祐典〉1986年兵庫県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程在学中。「フラミンゴの村」で第35回すばる文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

このすばる文学賞受賞作である『フラミンゴの村』という本が...

ジュンク堂書店新潟店さん

このすばる文学賞受賞作である『フラミンゴの村』という本が発売されると知った瞬間から、これは買いたい!読みたい!と思ってしまった。何かピン!とくるものがあったのだろう。そのピン!ときた感じは、装丁を見たときにはもう確かなものになっていたのだ。まさに私の心をぐっとつかんで離さない装丁。
そして、物語を読んで、まだ2012年が始まって間もないけれども、この1冊が今年の一番なのではないだろうかと思える、そのくらい大切な1冊となった。

ベルギーの片田舎に起こった奇妙奇天烈な事件。妻がフラミンゴになるという衝撃的な事件が起こるのだが、その事件の全容と、村人たちの行動や対応が淡々と、しかし克明に描かれて、軽やかなのだけど、物語自体は結構衝撃的な出来事もあって重くもあり、また分かりやすいようで、かなり深い。全てのバランスが絶妙で思わず溜息すら漏れてしまう。
また、フラミンゴの赤の色彩が強く印象に残り、とても幻想的で美しい物語なのだ。
是非、この1冊を手にとって装丁の美しさを感じ、そして読んでまた美しさを感じて、二度の美しさを堪能して欲しい。

文芸書担当 涌井

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

書き方には惹かれるものがあるものの、最後が腑に落ちない。

2015/12/25 16:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

話運びは確かに巧みで引き込まれるものがあったし、妻がフラミンゴになるという大胆な発想もおもしろいとは思うけれど、最後の辺りの展開が理解を超えていた。終わりとしてそれでいいのか?という疑問を感じた。
更に、蛇足のような形でつけられている旅人の話、それをつけた意味は何なのだろうか。ないほうがよかった気がする。
しかし、よくわからないながらにインパクトが強いことも事実の作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/21 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/22 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/02 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/12 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/09 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/04 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/22 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/04 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/31 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。