サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ぼくのぱんわたしのぱん

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくのぱんわたしのぱん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1981.2
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:25cm/27p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-8340-0849-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ぼくのぱんわたしのぱん (かがくのとも絵本)

著者 神沢 利子 (ぶん),林 明子 (え)

ぼくのぱんわたしのぱん (かがくのとも絵本)

972(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店大分店

ぱんが紹介される絵本...

ジュンク堂書店大分店さん

ぱんが紹介される絵本は何点もありますが、特においしそうに描かれているのは林明子さんが絵を担当されているこの絵本です。ぱんの作り方を3人の姉弟が実演しています。一生懸命に作る姿がほほえましいです。イーストを入れてぱんがふくらんでゆく様子がよくわかります。できあがったぱんのおいしそうな事!生地表面に卵に黄味をたっぷりぬっているのでいい照り具合です。極めつけはお姉ちゃんの「おいしい!のどがぐっとなるよ。」このコメントです。お腹がすいていてもすいてなくてもぱん屋さんに走りたくなるような気分にさせられます。

児童書担当

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

パン作りって大変。でも楽しそう!

2000/09/29 09:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パン屋さんの店先で お店の人が、器用にパンをこね、いろいろな形に作っていくのを見かけます。

 パンの生地はどうやって作るか知っている?
この本では、男の子2人、女の子1人の 3人でパンの生地作りに挑戦します。
ケーキみたいに 粉と砂糖、バター、ベーキングパウダーではパンはできません。
パン作りには、なくてはならないもの…それは、「イースト」です。

 「イースト」は酵母というカビです。
カビをパンに入れるちょっと不思議かもしれません。
でも、これがパンをふくらませる大切なひみつ!

 混ぜて、こねて、叩いて、休ませて… パン作りにはとても時間がかかります。
膨れた生パンは、絵に触れてみたいほど、とても綺麗に柔らかく描かれています。

 休日に この絵本を見ながら、子どもと一緒にパンを作ってみませんか。
きっと、麦畑の風の匂いのする 美味しいパンができるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「パンのおいしそうな絵本」ベスト3

2004/10/05 05:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

食欲の秋と読書の秋を両方兼ねそろえた、この本をオススメします。
子供の頃に大好きだった絵本です。

この絵本は本当にパンが美味しそうに描かれていて、
焼きたてのパンの香りがしてくる気がします。

丁寧にパンの作り方が紹介されてるから、子供と一緒に絵本を見ながら
作るのも楽しいと思います。

私の独断と偏見、パンのおいしそうな絵本ベスト3

1位…ぼくのぱん、わたしのぱん
2位…からすのパンや
3位…ぐりとぐら

でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぱん

2016/10/06 06:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

パンが出来上がるまでの過程を説明されている絵本です。イースト菌とかも、しっかり登場するので本格的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手間暇かかるから美味しい手作りパン

2016/10/25 11:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

手間暇かかるパンの作り方をひとつひとつ林明子さんの絵で解説。
ページの隅に時計の絵が描かれています。
発酵など、時間をはかる必要のある手順の参考になります。
それにしても、朝の10時前から始め、3時のおやつに食べる手作りパンの味は格別でしょうね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいしそう!

2017/04/02 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぱんがおいしそう!
ぱんをこうしててづくりするのもいいですね。
なかなかたいへんそうではありますけど。
子供はきっと楽しんでつくるのでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

孫のお気に入り

2017/05/31 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atoz - この投稿者のレビュー一覧を見る

小麦にアレルギーがある孫は、パンが食べられません。
でも、林明子さんの作品の中で、これが一番好きだと言います。
ひとつひとつの工程を丁寧に再現し作っていく様子が楽しいのと
リズムのある言葉の数々が気に入っているようです。
「うちゅうねこ」が特に好きなので、米粉を使って作ってやりました。
この絵本のおかげで、一歩進むことができたような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/31 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/15 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/02 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/30 08:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/15 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/09 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/17 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/02 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る