サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.1
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-374900-6
  • 国内送料無料

紙の本

ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる

著者 マイケル・ルイス (著),東江 一紀 (訳)

サブプライム危機で大儲けした男たちが次に狙うのは「国家の破綻」。ギリシャ、アイスランド、アイルランドなどの破綻した国々を訪れ、首相、財務官僚、金融関係者、市民にインタビュ...

もっと見る

ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サブプライム危機で大儲けした男たちが次に狙うのは「国家の破綻」。ギリシャ、アイスランド、アイルランドなどの破綻した国々を訪れ、首相、財務官僚、金融関係者、市民にインタビューをし、財政破綻の真相を探求する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マイケル・ルイス

略歴
〈マイケル・ルイス〉1960年ニューオリンズ生まれ。プリンストン大学からロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学。「ライアーズ・ポーカー」で作家デビュー。他の著書に「マネー・ボール」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ヨーロピアン

2016/04/30 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:撫子の丘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

欧州のイメージは先進性が断トツでありましたが、怠惰な国民に成り下がってしまう恐ろしい麻薬のような信用社会。社会問題。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お笑い欧州財政破綻ツアー

2012/02/16 19:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プチトマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

運用に携わる者として、
ギリシャがデフォルトするのかECBが救済できるのかは
極めて重要なファクターで、
片っぱしから情報を集め、専門家に聞きまくっていたが(2012年2月時点)、
本書であっさり分かった。
「お金は返ってくるはずがない」
そして、誰が返すことになるのかも。

狙っているのか?と思うほど予想を外してくれる
大手投資銀行の著名エコノミストやストラテジストの
話を聞く位なら、とくかくこれを早く読む方が有用だ。
この先あなたのお金を守ってくれる訓話も豊富。

読み始めたら止まらないのは、「マネー・ボール」や「世紀の空売り」と
同じなので、期待は裏切られません。安心して冒頭から読んで下さい。
金融の規律がとことん緩むと、
こんなに面白い(信じられない)現象があちこちで起こるとは知らなかった。

ギリシャ、アイスランド、アイルランドそれと「まぬけの数が突出していた」ドイツが
安易な信用供給の津波に悪乗りして財政を荒廃させ、
この先、相当期間苦しい難路をたどるしかなくなったが、
確信犯だった米国投資銀行には心底ぞっとした。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/27 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/07 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/11 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/20 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/05 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/06 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む