サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ガリレオ (コミック版世界の伝記)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ガリレオ (コミック版世界の伝記)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:23cm/126p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-591-12714-8
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ガリレオ (コミック版世界の伝記)

著者 能田 達規 (漫画),渡部 潤一 (監修)

「近代科学の父」「天文学の父」と呼ばれるガリレオ。自由な発想と真実を求める好奇心で、数かずの発明や発見を成しとげていった科学者の人生をまんがで紹介。解説「ためになる学習資...

もっと見る

ガリレオ (コミック版世界の伝記)

1,026(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

コミック版 世界の伝記 第1期 20巻セット

  • 税込価格:20,520190pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「近代科学の父」「天文学の父」と呼ばれるガリレオ。自由な発想と真実を求める好奇心で、数かずの発明や発見を成しとげていった科学者の人生をまんがで紹介。解説「ためになる学習資料室」も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

能田 達規

略歴
〈能田達規〉漫画家。第1回ファミ通マンガ大賞入賞。作品に「おまかせ!ピース電器店」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『天文学と科学の父』の栄光と苦悩の軌跡。

2012/02/06 12:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:書痴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、多くのエピソードを漫画で表現する事で、ガリレオの人間性を垣間見ながら、より親近感を持って、業績や生涯を知る事ができる内容になっています。
 最初、学生時代のガリレオは数学嫌いでした。「だって数学なんて昔のえらい人の数字あそびで、生活に役に立たないよ」との理由は、まるで現代の普通の子供と同じレベルです。
 地動説支持を撤回させられる有名なガリレオの裁判に至る遠因には、ガリレオの性格や日々の言動も無視できない事実を本書は教えています。「ガリレオは成績優秀でしたが、なにかと理屈をこねて相手を言い負かすので、『けんか屋』とかげ口され、友だちはあまりいませんでした」。また、ピサ大学を解雇されたガリレオに対し、彼の良師で数学者リッチは、ガリレオの性格を認めながらも、「人間、正しいことを言えばいいというわけではない。うそを言わねばならぬ時もあるのだ。自分の好きな研究をつづけたければな…」と諭します。地動説の反対者は、『地動説』そのもよりも、妥協を知らぬズバズバ言う性格のガレレオ本人への反発が強かったともあります。
 ガリレオ裁判の過程も、ポイントを上手くまとめて、分かりやすく、教会の命令を単なる注意としか考えなかった、ガリレオの言葉の解釈の相違とする点も、興味深く読めました。諸説ありますが、「それでも地球は動いている(回ってる)」という、ガリレオの言葉の重みを感じる事がきます。
 最後に、本書ではガリレオの最大の功績は、真実を求めうったえ続けることの大切を、後続する科学者に、書物(論文)で明確に伝えたことにあるとしています。
 本書は、読者にとって、ガリレオの知られざる真実の再発見となる一冊です。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

伝記・自伝 ランキング

伝記・自伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む