サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-590093-9

紙の本

ロスト・シティ・レディオ (CREST BOOKS)

著者 ダニエル・アラルコン (著),藤井 光 (訳)

舞台は内戦状態にある架空の国の首都。行方不明者を探すラジオ番組「ロスト・シティ・レディオ」の女性パーソナリティーのもとを、ある日ひとりの少年が訪ねてくる。ジャングルの村の...

もっと見る

ロスト・シティ・レディオ (CREST BOOKS)

税込 2,310 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

舞台は内戦状態にある架空の国の首都。行方不明者を探すラジオ番組「ロスト・シティ・レディオ」の女性パーソナリティーのもとを、ある日ひとりの少年が訪ねてくる。ジャングルの村の人々が少年に託した行方不明者リストには、彼女の夫の名前もあった。次第に明らかになる夫の過去、そして暴力に支配された国の姿—。巧みなサスペンスと鮮烈な語り。英語圏、スペイン語圏の双方で高い評価を獲得してきたペルー系アメリカ人作家による初長篇。PEN/USA賞、ドイツ・国際文学賞、受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【PEN/USA賞】【ドイツ・国際文学賞】行方不明者を探すラジオ番組の女性パーソナリティのもとを、ある日、ひとりの少年が訪ねてきた。少年が持参した行方不明者リストには、彼女の夫の名前もあった。次第に明らかになる夫の過去、そして暴力に支配された国の姿…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ダニエル・アラルコン

略歴
〈ダニエル・アラルコン〉1977年ペルー生まれ。3歳で渡米。コロンビア大学で文化人類学を、アイオワ大学で創作を学び、英語とスペイン語で執筆する。カリフォルニア大学バークレー校客員教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

交錯する時間と視点

2019/02/26 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kobugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

レビューでは、全体的に不評。文章への違和感が指摘されている。しかし、語りのごとき文章に惹かれ、一気に読了。交錯する時間と視点が、うまく組み合わさっている。謎は謎のまま。真実は関わった人の数だけ存在。これが戦争の本質ではないか、そんな風に思う。どこで何が起きているか知されない昨今、誰もが自分の目の前の現実しか見ていない。読み進みながら、現実を投影し、背筋が寒くなる。作者の別の作品にも触れてみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/16 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/04 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/22 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/18 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/15 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/24 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/16 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/21 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/05 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/30 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/25 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/31 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/07 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。