サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

信長私記
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217435-0
  • 国内送料無料

紙の本

信長私記

著者 花村 萬月 (著)

なぜ織田信長は母を—史上最凶の日本人、その実像。なぜ瓢箪をぶらさげたのか。なぜ合戦に強かったのか。なぜ道三の娘を愛したのか。なぜ父親の葬儀に遅れたのか。なぜ鉄砲を集められ...

もっと見る

信長私記

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ織田信長は母を—史上最凶の日本人、その実像。なぜ瓢箪をぶらさげたのか。なぜ合戦に強かったのか。なぜ道三の娘を愛したのか。なぜ父親の葬儀に遅れたのか。なぜ鉄砲を集められたのか。なぜ秀吉を重用したのか。なぜ弟を殺したのか。なぜ地獄をも怖れなかったのか。全ての点が線になる、花村文学だから成しえた衝撃作。【「BOOK」データベースの商品解説】

なぜ父親の葬儀に遅れたのか。なぜ秀吉を重用したのか。なぜ弟を殺したのか。なぜ地獄をも怖れなかったのか…。花村萬月が史上最凶の日本人・織田信長の実像を描く。『小説現代』連載を単行本化。〔「完本信長私記」(2015年刊)に改題増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

花村 萬月

略歴
〈花村萬月〉1955年東京生まれ。「ゴッド・ブレイス物語」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。「皆月」で吉川英治文学新人賞、「ゲルマニウムの夜」で芥川賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価2.8

評価内訳

紙の本

やさぐれのごんたくれ作家のでっち上げ

2012/02/27 11:00

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る



太田牛一の「信長広記」の向こうを張って、やさぐれのごんたくれ作家がいっちょでっち上げたる「信長私記」である。どうせ編集者の推挽で無理矢理書かされた連載小説なのだろうが、彼の血湧き肉踊る京都を舞台にした肉弾自叙伝と違っていまいち、いま二、いま三乗りが悪く愉しめなかった。

ごんたくれが尾張織田家のごんたくれになり代わって一族のみそっかすを打倒したり、斎藤道三の娘濃姫と濡れ場を演じたり、後年の前田利家の尻の穴を破ったり、後年の秀吉や家康の人となりを見抜いたりする戦国青春ヤッホーホイサッサのアホ馬鹿噺であるが、例に因ってくだんのごとし。面白くもおかしゅうもない。

 竹千代、すなわち当時織田家の人質になっていた家康が、「永久に戦のない世界を作ることが自分の願いである」、と語って、そんなことは阿呆鱈経の絵空事と考えている信長親子を驚かせるところが出てくるが、この家康流の信条って昔からNHKの大河ドラマの女流脚本家の決まり文句であるなあ、と思って軽くのけぞってしまいましたよ。まる。


   青空に孤蝶消えゆく寒さかな 蝶人

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/16 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/10 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/11 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/11 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/07 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/14 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/01 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/14 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/06 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/11 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/02 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る