サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 泣ける話、笑える話 名文見本帖

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

泣ける話、笑える話 名文見本帖(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660843-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

泣ける話、笑える話 名文見本帖 (文春新書)

著者 徳岡 孝夫 (著),中野 翠 (著)

これぞ手練れの名人芸。贅沢な書き下ろし掌編が40本ギッシリ。ときにもらい泣き、ときに破顔一笑、本物の文章に酔う至福のひとときを。【「BOOK」データベースの商品解説】とき...

もっと見る

泣ける話、笑える話 名文見本帖 (文春新書)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これぞ手練れの名人芸。贅沢な書き下ろし掌編が40本ギッシリ。ときにもらい泣き、ときに破顔一笑、本物の文章に酔う至福のひとときを。【「BOOK」データベースの商品解説】

ときにもらい泣き、ときに破顔一笑。これぞ手練れの名人芸。本物の文章に酔う至福のひとときを−。徳岡孝夫と中野翠による、贅沢な書き下ろし掌編40本を掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

徳岡 孝夫

略歴
〈徳岡孝夫〉1930年大阪府生まれ。京都大学文学部英文科卒。「五衰の人」で新潮学芸賞受賞。86年菊池寛賞受賞。
〈中野翠〉1946年生まれ。早稲田大学政経学部卒。コラムニスト。著書に「小津ごのみ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

ゆっくり読んで、じっくり味わいたい

2012/04/03 22:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お月見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジャーナリストの徳岡孝夫さんと、コラムニスト・エッセイストの中野翠さんのコラボ随筆集です。週刊ブックレビューで紹介されていたのがきっかけで読みました。
 中野さんは、デビュー作の「ウテナさん祝電です」からずっと読んでいるのでおなじみの方でしたが(デビュー作は、林真理子さんの「ルンルンを買っておうちに帰ろう」のような流れでした。今では考えられないけど)徳岡さんの文章は今まで触れてこなかったので、興味深く読みました。
 奥付を見ると、徳岡さんは1930年生まれ、中野さんは1946年生まれです。さもありなんといった、深い経験に裏打ちされた含蓄のある話題と、しっかりとした土台で安心して読める文章でした。
 身の回りの雑記やふと気になったことなどを気軽に、お二人で交互に語っておられるのですが、どれも味わい深く、後を引くため、長編小説を読むよりも時間をかけて読みました。
 中でも、読んでいてイメージがもくもくと湧き出てきたのが、中野さんの「下町三題話」と徳岡さんの「詠みびと記者」です。タイトル通り、じんわりと泣けて、ほっこりニヤリと笑えてきます。
 どちらも自分の家族や友人のことなども語っているのですが、徳岡さんは自伝のような味わいで、中野さんは身の回りの人物の観察雑記といったような読みごこちです。まるで甘い和菓子としょっぱいおせんべいを交互に味わっているように双方の文章のアクセントが効いているのでした。
 どのようなきっかけでお二人のコラボが実現したのかも、エッセイに書いていただきたかったのですが、企画を考えた方のアイデア勝利ですね。
 ただし、これは週刊ブックレビューでも言われてましたが、サブタイトルの -名文見本帖ー というのは中身にそぐわないかも。お二人の文章は、素人が見本にできるものではない熟練の技だと思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/13 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/15 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/19 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/02 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/20 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る