サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 苦しみはどこから生まれるのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

苦しみはどこから生まれるのか?(角川oneテーマ21)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川oneテーマ21
  • サイズ:18cm/179p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110112-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

苦しみはどこから生まれるのか? (角川oneテーマ21)

著者 池口 恵観 (著)

自分の中にしっかりとした軸があれば、苦しさや辛さは軽減され、苦境や困難を克服したときの智慧は明日を生き抜く力となる。仏の教えから導き出された、逆境を乗り越えるための智慧の...

もっと見る

苦しみはどこから生まれるのか? (角川oneテーマ21)

782(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

苦しみはどこから生まれるのか?

778 (税込)

苦しみはどこから生まれるのか?

ポイント :7pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の中にしっかりとした軸があれば、苦しさや辛さは軽減され、苦境や困難を克服したときの智慧は明日を生き抜く力となる。仏の教えから導き出された、逆境を乗り越えるための智慧の数々を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池口 恵観

略歴
〈池口恵観〉1936年鹿児島県生まれ。高野山大学文学部卒業。高野山真言宗傳燈大阿闍梨・大僧正。著書に「ヘタな人生論より空海のことば」「道をひらく宇宙の法則」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日々これ行場、逆境も振り返れば懐かしい。

2012/02/04 23:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セカンド・プラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 知れば知るほど苦しくなる、やればやるほどつらくなる。
見れば、視るほど、聞けば、聴くほど。
それをつらいと取り違え、さらに苦しむ日常の、
一つ一つの出来事の中に、成長これあり。

 変化することを苦しいととらえるか、楽しいと定義つけるかの自由。
嫌ならやめればいい、逃げればよい。
それができないから悩んでいる?
やめられないということは、やめないということができている。
せざるをえないからだ?
それは、それが、あなたにちょうどいい、ということだ。

 理解できるから苦しいのであり、たのしい。
認識できなければ、ないのと一緒だ。
あなたの中に、その出来事を知覚できる構造が構築されている場合、その要素が自分の中にもあるから、反応してしまう。
 いや、そんなものは自分にはない、と思っていたものを、実はあると教えてくれているということだ。なんとありがたいことだろう。「おかげさま」で暗闇に光をさすことができました。

「苦しみはどこから生まれてくるのか」の答は本書にはない。
どこからも生まれてこないからだ。
なぜなら、その感情を苦しいと自分で勝手に定義しているだけで、
成長と定義すれば、これすなわち楽しみに変わってしまうからだ。
見えないものに対し、そこにたどり着く手前で、苦しいとするか、楽しみとするかの違いだと読み解けた。

「ところで、行場とは行者に与えられた場だけを意味するのではない。そもそも行場とは、どんな人にも与えられているものである。ある人にとっては仕事場であり、ある人にとっては家庭であったり。」と最後に「目を閉じれば出口が見えてくる」のところで著者は言っている。行場を逆境、行者を人々と読みかえて本書を再読すると、たしかにうなづける、すべてを物語っていると。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む