サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

紅に輝く河(カドカワ銀のさじシリーズ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

紅に輝く河 (カドカワ銀のさじシリーズ)

著者 濱野 京子 (著)

ファスール王国は、神官の託宣が何よりも力を持つ国。ところが、国母の第一王女・アスタナに、「この国に仇なす」「この国を救う」という、全く異なる二つの託宣が下る。結果、なんと...

もっと見る

紅に輝く河 (カドカワ銀のさじシリーズ)

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店新宿店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ファスール王国は、神官の託宣が何よりも力を持つ国。ところが、国母の第一王女・アスタナに、「この国に仇なす」「この国を救う」という、全く異なる二つの託宣が下る。結果、なんとアスタナは、同時期に生まれた異母姉妹と、密かに入れ替えて育てられることに—。十七年後。第二夫人の娘として、男勝りに育ったアスタナは、シーハンからの美しき留学生・サルーと、運命的な恋に落ちる。波乱の王女の青春をえがく、ドラマチック・ファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

ファスール王国の王女アスタナは「この国に仇なす」「この国を救う」という異なる2つの託宣を受け、異母姉妹と密かに入れ替えて育てられた。17年後、男勝りに育ったアスタナは、美しき留学生・サルーと運命的な恋に落ちる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

濱野 京子

略歴
〈濱野京子〉熊本県生まれ。東京育ち。児童文学作家。「フュージョン」で第2回JBBY賞、「トーキョー・クロスロード」で第25回坪田譲治文学賞を受賞。ほかの作品に「その角を曲がれば」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シューマ平原シリーズ、まだまだ続きを書いてほしいです。

2012/02/27 20:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お月見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きなシリーズの三作目、そしてこれが最終なんて、読み終えるのがもったいないと思いつつ、アスタナとサリー、二人の行方が気になって、一気に読んでしまいました。濱野さんの描くこのシリーズは、人を想うことの切なさと嬉しさに満ちていて、むちゃくちゃ胸キュンものなのです。
 予言に翻弄された少女と少年の運命の出会い。表紙の二人や、はじめて出会った場面の鏡湖でも思ったのですが、この二人、どこか心のありようが似ている気がします。だからこそ惹かれあい、互いを信じ続けることができたのでしょう。
 出会えた時間はわずかなのに、お互いの交わす言葉がカッコ良くて。羨ましいぐらい濃密で輝いています。
 そしてヒロイン、アスタナの強い意思と、聡明でまっとうな思考にほれぼれしました。国や、まつりごとや、やっかいな神託に存在まで踏みにじられてもなお、好奇心をたやさず、人に向けるまなざしは暖かく公平です。
 よくよく考えてみれば、叡智のシンボルのような神官ゴーデンですら、人の命を生み出すという尊い行為に対しての敬意がまるっきり抜け落ちているし、(己を含む、すべての親、子に対して、許されない行為だと思います)因習にばかりとらわれて大事なことを見失っている。
 そんな中でも、知識欲を失わずに、止められても女人禁制の学舎にしのびこんで講義を聴いたり、図書所の書物で学ぶアスタナ。
 アスタナが生まれついて持っている、人の思考が読めてしまう「ギフト」は、彼女にとっては幼い時から、すでに自分の出自の悲劇や、権力争いの陰謀をダイレクトに感じてしまう、じわじわと心をむしばみ、孤独にさせる毒のようなものでもあったと思います。そんな彼女にとって、サルーとの出会いがどれだけ光に満ちたものであったのかと思うと、ラストはほろりとしながら読んでしまいました。
 シリーズならではの、前作で活躍した人たちの、その後の行方がわかって嬉しい反面、風のたよりみたいな近況報告ではなくて、もっとじっくり聞きたいなあと思いました。番外編という形でもいいから、彼や彼女たちの物語をまた読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/13 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/27 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/23 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/12 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/23 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/24 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む