サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しんせつなかかし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:24cm/40p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-2695-5
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

しんせつなかかし (ランドセルブックス イギリスのものがたり)

著者 ウェンディ・イートン (作),おびか ゆうこ (訳),篠崎 三朗 (絵)

お百姓さんは麦畑をねらう鳥を追い払うため、かかしを作りました。ヒバリやツグミ、アオガラたちと仲良くなったかかしに、ある日クロウタドリが、わらの髪の毛をねだり…。表題作含む...

もっと見る

しんせつなかかし (ランドセルブックス イギリスのものがたり)

1,296(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「しんせつなかかし」が含まれるセット商品

1・2年生のためのランドセルブックス 第Ⅱ期 6巻セット

1・2年生のためのランドセルブックス 第Ⅱ期 6巻セット

  • 税込価格:7,77672pt
  • 発送可能日:購入できません

1・2年生のためのランドセルブックス 第Ⅱ期 6巻セット

1・2年生のためのランドセルブックス 第Ⅱ期 6巻セット

  • 税込価格:7,77672pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

お百姓さんは麦畑をねらう鳥を追い払うため、かかしを作りました。ヒバリやツグミ、アオガラたちと仲良くなったかかしに、ある日クロウタドリが、わらの髪の毛をねだり…。表題作含む2編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

しんせつなかかし 1−22
モリーさんの庭 23−40

著者紹介

ウェンディ・イートン

略歴
〈ウェンディ・イートン〉イングランド生まれ。数々の本に作品が収められ、ラジオやテレビ番組にもお話を提供している。
〈篠崎三朗〉福島県生まれ。絵本・児童書の挿絵など多数手掛ける。現代童画会ニコン賞、高橋五山絵画賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生きものと自然を大切にする心が養われる本

2012/02/28 21:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:迷子の子猫ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この春、下の娘は小学校へ入学する。小学校では、朝の読書時間があるというので、本を用意しなければならないのだが、家にある本といえば、幼児向けの絵本ばかり。入学祝も兼ねて、小学生向けの本をプレゼントすることにしたものの、膨大な絵本の中から選ぶって本当に大変。この本は、小学校1、2年生向きの読み物をそろえたシリーズ「ランドセルブックス」の12冊ある中の1冊である。さまざまなテーマを取り上げたバラエティ豊かなラインナップは魅力的で、生き物や乗り物、言葉についてなど、幅広いテーマの内容で構成されていて、読み応えがある。たくさんの挿絵もあり、1人でも楽しく読めることが、この本を選んだ“決め手”となった。

 この本は、表題作含む2編収録されている。2編とも、自然と生き物を軸にした、メッセージ性があり、深く考えさせられるお話。表題作「しんせつなかかし」は、はたけにやってくる鳥たちを追い払うため、おひゃくしょうさんは、かかしをつくって、むぎばたけに立てる。だが、かかしは鳥たちと仲良くなってしまいます。それを見て、おひゃくしょうさんは、あきれてしまうのですが、「それでも、かかしのおかげで、おおむぎは、すくすくそだっていたのです。おひゃくしょうさんは、とうとう、わらいだしました」と、かかしと鳥の関係を壊さずに見守るのです。
 娘は、かかしを畑に立てる意味や、鳥を追い払う意味などを知ることができた。そして、相手を認め、分かり合う、という思いやりの心を持つことの大切さも学んだようだ。2編目の「モリーさんの庭」では、生きものを大切にする人と、大切にしない人の違いが、よくわかるお話。自然や生きものと共存することはどういうことなのかを教えてくれる。生きものを大切にしたモリーさんというおばあさんの行動は素晴らしい。生きものを大切にするということは、優しい心を育てることでもあるのだ。

 娘にとっても学びが多かった1冊。満足しているのを見て、本書のシリーズを少しずつ揃えてあげようと思えた。福音館書店のホームページを見てみると、2012年3月に3冊、6月に3冊と、引き続き刊行していく、と紹介している。シリーズが長く続けば、小学校に持っていく本に困らないのは大助かり♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/10 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む