サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

科学と宗教と死(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720624-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

科学と宗教と死 (集英社新書)

著者 加賀 乙彦 (著)

死刑囚と接する拘置所の医務技官として、作家として、常に人間の生と死に向き合ってきた著者。これまでの人生と、その中で続けてきた死についての思索の軌跡を率直に綴る。【「TRC...

もっと見る

科学と宗教と死 (集英社新書)

756(税込)

科学と宗教と死

680 (税込)

科学と宗教と死

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死刑囚と接する拘置所の医務技官として、作家として、常に人間の生と死に向き合ってきた著者。これまでの人生と、その中で続けてきた死についての思索の軌跡を率直に綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

加賀 乙彦

略歴
〈加賀乙彦〉1929年東京生まれ。東京大学医学部医学科卒業。東京医科歯科大学助教授、上智大学教授を歴任。日本芸術院会員。著書に「悪魔のささやき」など多数。2011年度文化功労者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

科学と宗教と死感想

2017/08/08 23:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:右ソルデ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は今まで自分のできることをやるということをモットーに常にほぼベストを尽くしてきたつもりである。自分のコントロールできる、あるいはできそうなことだけをやる。とも言い換えられ、他人含め自然現象や遠い世界で起こっていることは私自身のコントロール外の事象とし、厳しい言い方をすると無関心を決め込んでいた。
加賀先生から提案され、それでは駄目だというか、他人含む自然現象や遠い世界で起こっていることへのアプローチ方法があることに気づいた。祈りである。
これからはこれまで通り自分にできることをしつつ、その上に祈りの時間を設けてみようと思う。前述したように、他人含む自然現象に対して、あまり会えない遠く離れた家族、関係は良くない人のことも祈ろう。世界のどこか遠くで苦しんでいる人にも思いを馳せてみよう。誰に祈るか、神か。私の産まれ育った沖縄では先祖崇拝の文化があり、神様みたいな感覚はある。だけど、先祖達に私の課題を言っても先祖達はあの世では自分のことだけで忙しい可能性があり、何代も後の私の課題やましてや自然現象や遠く離れた人達のことまで任せるのは酷な話であるのは分かる。この場合の神は世の中や社会のことを指すことにしよう。
今晩から夜眠る前と起きた時から始めてみる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/06 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/30 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/29 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/06 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/08 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/13 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/04 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/14 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/13 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/24 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/08 05:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む