サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆきひらの話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:22cm/46p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-03-313410-9
  • 国内送料無料

紙の本

ゆきひらの話 (安房直子名作絵童話)

著者 安房 直子 (作),田中 清代 (絵)

あなたのお家の台所に、しまいっぱなしでわすれてしまったおなべはありませんか?もしあなたが、風がふいてさむい冬の日に、ひとりぼっちでお家にいたら…ちょっとだけ耳をすませてみ...

もっと見る

ゆきひらの話 (安房直子名作絵童話)

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたのお家の台所に、しまいっぱなしでわすれてしまったおなべはありませんか?もしあなたが、風がふいてさむい冬の日に、ひとりぼっちでお家にいたら…ちょっとだけ耳をすませてみてください。コトコト、コトコト。ほら。なにかきこえてくるかもしれません。小学校低学年から。【「BOOK」データベースの商品解説】

古い小さな一軒家で、風邪をひいたおばあさんが、たったひとりで寝ていました。こんな時、誰かいてくれたらと思っていると、台所でコトコトと音がします。「ぼく、ゆきひらです」 しゃべっていたのは古いお鍋だったのです。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安房 直子

略歴
〈安房直子〉1943〜93年。東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。「風と木の歌」で小学館文学賞、「遠い野ばらの村」で野間児童文芸賞、「花豆の煮えるまで」で赤い鳥文学賞特別賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

はじめに一言。 本...

ジュンク堂書店新潟店さん

はじめに一言。
本書に出会ったことは、私にとって素晴らしい発見の一つとなりました。
それはなぜかというと……理由はあきれるほど簡単です。
ただたんに私が浅学なだけかもしれませんが、
今の今まで「ゆきひら」という言葉を聞いた覚えがありませんでした。
一体何が「ゆきひら」なのか。
そう思いページを開いてみると……
読み終わる頃には、私専用のゆきひらがほしくなりました。
こういった昔ながらの生活感が、ほんわかと感じられる素敵なお話です。 

児童書担当 渡邊

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファンタジー

2016/05/21 16:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おばあさんが風邪で寝込んでいると「ゆきひら」が声をかけてきます。そしておばあさんのためにりんごの甘煮を作ってくれます。この作者はファンタジーが多いのですがこのゆきひらの話は特に気に入っているストーリーです。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一人ぼっちのおばあさんとおなべの「ゆきひら」がくり広げる、あたたかく、甘酸っぱい物語

2012/04/03 11:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ゆきひら」とは、「土でつくられた、茶色いおなべのこと」
 在原業平の兄行平(ゆきひら)が、海女に海水を汲ませて塩を焼いた故事に因んで名づけられたと言われています。行平の名まえに因む由来と、その時用いた鍋に、白い塩が現れてきて、それが雪のようであったからという由来があり、漢字では、「行平鍋」とも「雪平鍋」とも表記されます。

 「ゆきひらをしっていますか」という一文で始まる物語。畑の中の小さな古い一軒家に住むおばあさんが、かぜをひいて、たった一人でねこんでいました。そこへ、コトコト、コトコトと音を立てて現れたおなべ。自ら、「ぼく、ゆきひらです。」と名のります。おばあさんが台所のとだなにしまい忘れた古いおなべでした。「行平君」とでも呼べそうな、実にかわいいおなべが絵本のページいっぱいに描かれています。

 安房直子さんの作品は、身の回りの小さな道具を使って起きる、小さな魔法に満ちています。おなべの「ゆきひら」にかけられた魔法から、おばあさんの夢の世界が広がり、また、かぜをひいたおばあさんを元気にする甘酸っぱい一品ができあがります。

 さて、「ゆきひら」は、おばあさんに何を作ってあげたのでしょうか?「おいしい」お話とレシピという「おまけ」がついています。一人ぼっちのおばあさんとおなべの「ゆきひら」がくり広げる物語、最終ページまでお楽しみください。読み終えて、心がじわっとあたたかくなり、「ゆきひら」を「雪平」とつづってみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/11/28 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/02 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/05 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む