サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. エーミルはいたずらっ子

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エーミルはいたずらっ子(岩波少年文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/154p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-00-114210-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

エーミルはいたずらっ子 (岩波少年文庫)

著者 アストリッド・リンドグレーン (作),石井 登志子 (訳)

エーミルは、天使のようにかわいい男の子。ところがどっこい、スープ鉢に頭をつっこんでぬけなくなったり、妹のイーダを旗立て柱に宙ぶらりんにしたり、すっとんきょうなごたごたを、...

もっと見る

エーミルはいたずらっ子 (岩波少年文庫)

691(税込)

エーミルはいたずらっ子

691 (税込)

エーミルはいたずらっ子

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エーミルは、天使のようにかわいい男の子。ところがどっこい、スープ鉢に頭をつっこんでぬけなくなったり、妹のイーダを旗立て柱に宙ぶらりんにしたり、すっとんきょうなごたごたを、つぎつぎに引き起こしてしまいます!小学2・3年以上。【「BOOK」データベースの商品解説】

エーミルは天使のようにかわいい男の子。ところがどっこい、スープ鉢に頭をつっこんでぬけなくなったり、妹のイーダを旗立て柱に宙ぶらりんにしたり、すっとんきょうなごたごたを、つぎつぎに引き起こしてしまいます!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アストリッド・リンドグレーン

略歴
〈アストリッド・リンドグレーン〉1907〜2002年。スウェーデン生まれ。作家活動をしながら児童書の編集者としても活躍。1958年国際アンデルセン賞受賞。著書に「長くつ下のピッピ」「やかまし村」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

昔、青い鳥文庫から出...

ジュンク堂

昔、青い鳥文庫から出ていた『エーミールと大どろぼう』の新訳です。
リンドグレーンは「長くつ下のピッピ」「やかまし村」「ロッタちゃん」と人気シリーズがいくつもあり、それぞれに熱心なファンがいますが、「そうは言ってもやっぱり最強はピッピ」と小学生の頃から信じているぼくとしては、ピッピに匹敵するドタバタ騒動の物語としてエーミールも愛読していました。しかし、長らく絶版状態で残念に思っていたところで復活です。
いまだに暗唱できる作中の歌が新訳ではがらりと変わってしまっていたり、「エーミル」ってちょっと言いづらい(でも、カッレくんよりはまし)とか、思うところも無いではありませんが、まあその辺は今後の新しい読者には関係ないことです。挿絵は同じです。
このシリーズは、食べ物がとにかくおいしそう、という魅力もあります。改めて読んでみても、いつかスウェーデンへ行ってこれと同じソーセージを食いたい、と子どもの頃と同じ感想を持ちました。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/01/02 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/23 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/26 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/30 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/06 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/01 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/24 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む