サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 心も脳も整える!セロトニン呼吸法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

心も脳も整える!セロトニン呼吸法(青春新書PLAY BOOKS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 青春出版社
  • レーベル: 青春新書PLAY BOOKS
  • サイズ:18cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-413-01939-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

心も脳も整える!セロトニン呼吸法 (青春新書PLAY BOOKS)

著者 有田 秀穂 (著),高橋 玄朴 (著)

プレッシャーに強くなる、まさかのときにも動じない、悩みやこだわりが消えていく…。呼吸が変われば、心が変わる。禅の知恵と脳科学をもとに、脳内セロトニン神経を活性化させ、心を...

もっと見る

心も脳も整える!セロトニン呼吸法 (青春新書PLAY BOOKS)

1,028(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

プレッシャーに強くなる、まさかのときにも動じない、悩みやこだわりが消えていく…。呼吸が変われば、心が変わる。禅の知恵と脳科学をもとに、脳内セロトニン神経を活性化させ、心を強くする呼吸法を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

有田 秀穂

略歴
〈有田秀穂〉1948年生まれ。東京大学医学部卒。東邦大学医学部統合生理学教授。セロトニン道場代表。
〈高橋玄朴〉1942年生まれ。禅ヨーガ研修会主宰。NPO法人寝たきり半分推進協議会理事長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

頭の中のおしゃべりが静まり返る、積極的な癒し効果。

2012/04/01 01:27

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セカンド・プラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「また、はじまった」。
イメージの中で展開されるその幻想は、気分次第でどうにでも膨張していく。
意識的に変えようとするが、引力のように引き戻される。

 ドーパミンだ、ノルアドレナリンだと騒いじゃいるが、とかくこの世はセロトニン。
見るものすべてが新しいという季節が過ぎる頃、それはちょうど箸が転がるくらいでは笑えなくなった時期、あの頃の『快』が得られないことに対するあせり、怒り、ノルアドレナリン。

 それは危機感、生きる原動力が『快』から『不快』に変化していく、つらく悲しいさだめ。
本書から読み解くと、お釈迦様でさえも、ちょうどその時期修行中だったことがわかる。
 そして気がつくセロトニン。もちろんその時代にそのような言葉はなく、いわゆる「さとり」の境地としていたのだろう。

 行き過ぎると戻される、行き過ぎて戻れなくなる状態が病気。なるほどうまくできている。
著者は「『心』はすなわち『脳』だ」と定義している。
その脳は、神経伝達物質で機能すると。その物質のひとつがセロトニン。行き過ぎを元に戻す性質があるという。さらに活性化するための呼吸法が紹介されている。

 ただしその呼吸法は二十分間続けなければならないという。これは長い。
二十秒もすると「頭の中のおしゃべり」が始まりだす。
一分もすると呼吸法より「おしゃべり」に夢中になり、気がつけば著者の言うところの「生きるための呼吸」しかしていない。

 セロトニンのための呼吸法が「積極的な癒しだ」と書かれているが、意味はわかるが実践できないジレンマに、今日もノルアドレナリンが優位にたつ。まだまだ若いということか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む