サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. DRAGONBUSTER 02

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

DRAGONBUSTER 02(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/326p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886249-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

DRAGONBUSTER 02 (電撃文庫 龍盤七朝)

著者 秋山 瑞人 (著)

卯王朝、第十八皇女の月華。どぶ川の畔で、虐げられる民“言遇”である涼孤の剣舞を目撃し自らも剣をとる。はじめは金持ちの道楽でしかなかったその剣術だが、まさかの開眼をはたし—...

もっと見る

DRAGONBUSTER 02 (電撃文庫 龍盤七朝)

616(税込)

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 02

616 (税込)

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 02

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

卯王朝、第十八皇女の月華。どぶ川の畔で、虐げられる民“言遇”である涼孤の剣舞を目撃し自らも剣をとる。はじめは金持ちの道楽でしかなかったその剣術だが、まさかの開眼をはたし—!?一方、元都には武人が生死をも賭して真剣試合を行う大比武が近づいていた。涼孤の働く講武所の師範代である蓮空や、一番手講武所の一番弟子・阿鈴など、それぞれの志を抱き出場を決める。涼孤と月華は武の頂を目指す者たちを巻きこみながら、その運命を交差させていく。鬼才が贈る剣をめぐる物語、第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

超えても超えても現れる壁

2015/09/10 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

卯王朝第十八皇女である月華は、賤民・言愚の涼孤と出会い、その剣術の美しさに魅せられ、自らも剣を極めて涼孤に認めさせようとする。しかし涼孤の操る剣術が、六十七年前に五軍を壊滅させた龍の術であることを見抜いた月華の守役である群狗は、殿下を彼から離そうとする。群狗自らが味わった感情を、彼女も味わうことになると思ったからだ。だが月華は群狗の気持ちも知らず、元都で女郎の珠会と仲良くなりながら、辻剣術で工夫を積んでいく。
 一方、これまで虐げられて生きてきた涼孤は、自分が働く講武所の師範代・蓮空が、武人としての立身出世の登竜門である大比部に参加することを知り、自分のことのように誇らしさを感じていた。だがその感情は、現実の前に塗りつぶされることになる。

 卑屈になるのが当たり前の存在である涼孤だが、その身に宿す武威は人の枠を超えたものだ。ゆえに彼は、諦念を知れども恐怖という感情を知らない。そのことは普通に接していれば他人に気づかれることはないが、彼の領域に挑もうとする武人には、両者を隔絶する断崖として、長大な障壁として、その人物に突きつけられるのだろう。
 それを知った月華がどんな道を進むのか。それは次巻で描かれるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/09 23:13

投稿元:ブクログ

やっと出てくれた2巻!楽しみにしすぎて、一気読みをしてしまいました。
各人物の視点で語られていた話がだんだんと交差して、どこにも行くあてのない涼孤の道を変えていく様にドキドキしながら読みました。
涼孤と月華のお互いの本性を隠しながらのやり取りが、可愛いけどどこかせつない。
そして、最後の最後に力の一端を見せた「龍」がかっこよすぎて、早くも続きが気になります。

2013/02/25 01:31

投稿元:ブクログ

超絶。
最高。
王道。
王道。
読んでるだけで血肉沸き踊る。
練度が高すぎる。
欲しいところに欲しい言葉が来てる文章を読むことの心地よさよ!!
ここまで練られた文章で、お約束を守ってくれて、決めるところをスパっと決めてくれたら文句はないし愛してる。
読んでて叫んだ。
どうしようもなく、文章を求めるなんて、なんて久しぶり。
次を。早く次を。死んでしまうよ。

2012/03/03 19:46

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
卯王朝、第十八皇女の月華。どぶ川の畔で、虐げられる民“言遇”である涼孤の剣舞を目撃し自らも剣をとる。はじめは金持ちの道楽でしかなかったその剣術だが、まさかの開眼をはたし―!?一方、元都には武人が生死をも賭して真剣試合を行う大比武が近づいていた。涼孤の働く講武所の師範代である蓮空や、一番手講武所の一番弟子・阿鈴など、それぞれの志を抱き出場を決める。涼孤と月華は武の頂を目指す者たちを巻きこみながら、その運命を交差させていく。鬼才が贈る剣をめぐる物語、第2弾。

----------------------------------------

面白い! 血沸き肉躍る剣豪小説! 中華ファンタジー風な世界も細かいところまで実によく設定されているし、キャラクターも生き生きとしていて実に魅力的。皇女と被差別民の青年との、身分を超えたボーイ・ミーツ・ガールものかと思いきや、月華の開眼によりまさしく剣をめぐる戦いの物語になった。
そして、2巻のラストは予想だにしない別れが。。。

これ早く続き読みたい。作者は遅筆で有名らしいが、これは続きが気になる! それに、次巻で完結だなんて勿体ない!もっと長く続けられる物語だと思うが。。。
なにしろ、本当に早く続きが読みたい! 傑作。

2012/02/21 19:02

投稿元:ブクログ

これはただのよくあるような話ではなかった

月華はあくまでも自分の世界でしかものを考えない、ジャンゴもあくまでも自分の世界でしかものを考えない、結局この二人はお互いを全く理解していないし理解しようともしていない

この身分差ならばありうることなのに、恋愛にはならずとも、交流あって、技の伝達がなるかと思っていただけに衝撃

それが面白い
続きはよ!

2012/01/20 06:52

投稿元:ブクログ

生きていたか、この作家。ほされたかとおもってたよ。

生々しい描写とか、最近のキレイなファンタジーには見られない部分だけど、そこがいいんだろうかね。

ヒロイン無双かとおもえばきっちり筋通してくれるし、安易に走らない部分もまたいいけど。

いかんせん、前巻との間が開きすぎて前の話覚えてない。どこにいったかも。。。(苦笑)

ときに、もうひとりの秋山はどうした。

2012/02/09 23:35

投稿元:ブクログ

DRAGONBUSTER2巻を読了。シンプルな展開だが面白い!今回は本格的にバトルものになっております。冒頭のシーンから印象的で引き込まれ、月華の大立ち回りに手に汗握り、そしてラストでは。。。直球勝負の面白さで、次になる(らしい)最後ではどう閉じられるのか。龍の日が楽しみである。

始まりの一文からして「退屈も極まると、胡久梨は女を漁りに出かける」。どこがライトノベルだw この一文から始まる最初のエピソードが印象に残るのよ。月華の初戦もまたいい!

そして最後の15ページくらいの描写、もう堪らなく格好いいのよね。涼豹と月華のすれ違い感もすげぇ。そして、秋山作品といえば、毎度お馴染みでジジイがいい役なのよw 

2012/01/08 00:00

投稿元:ブクログ

もう、なんというかですね、電撃文庫、ふところ深すぎw
これが出版できるラノベ文庫が、いったい他にあるのかとw
(2012/2/19訂正:ガガガなら出せそうw)

というか秋山先生はいつまで電撃で書くつもり?
新潮文庫あたりで骨太の時代小説とか、書きませんかね?
ラノベのレーベルで書いてもお互い不幸なだけなんじゃ?

というわけで全2巻の予定がめでたく終わらず、全3巻www
さて3巻は何年後に出版されるのでしょうか?www

ミナミノミナミノの2巻も期待しています!www

ところでこの2巻、1巻から4年近くたっていますが、
わたくし半村良「妖星伝7巻(完結編)」を【15年】待った経験が
ありますので、ぶっちゃけヨユーですw

2012/01/11 13:49

投稿元:ブクログ

改めて思うのは、この人の書く文章が好きだということ。
いちばんに好きだ。

あらすじとしては月華が覚醒して、強くなってるけれど、
涼孤には遠く及ばない。そんな感じ。

戦闘場面とか、お祭りで買い物のあたりが特に
読んでいて楽しい(((o(*゚▽゚*)o)))

2012/02/11 23:37

投稿元:ブクログ

数年ぶりに秋山の新刊を読むたびに、やっぱこの人の文章おもしれーわ、と思わされます。
私たちがハナタレ小僧であったときに喋っていた言葉も、波乱万丈の人生を送り円熟した老人が語るであろう言葉も、自在に操れるところがこの作者の恐ろしいところです。

そして持ち上げて落とされるのももはや様式美。
でもやり口が巧いもんだから、私の心は毎度これ以上ないくらいぎったんぎったんにされるわけです。
ここまで読者の心をぶん殴るのが巧い作者が他にいるでしょうか。
というわけで再びぶん殴られる日を心待ちにするわけです。何年後でしょうか。

2012/01/10 00:03

投稿元:ブクログ

いやあ、素晴らしい。長年待った甲斐があった。
話の凹凸と言うか構成と言うか、盛り上げ方がすごく上手い。
明日も仕事だというのに一気読みしてしまった。

これだからこの人のファンをやめられない。

2012/01/09 18:57

投稿元:ブクログ

何というか、ここ数年すっかり忘れていたこのシリーズ。2巻が出ると知ったときは、結構嬉しかった。
正直前の話はあんまり覚えていないけど、面白かったことは覚えている。
月華の地団駄が相変わらずで、かわいい。そしてあんな風になるとは。その気配はあったけど、ずいぶんと短時間だなぁと思いもしなくもない。昔の中国王朝を思わせる舞台も、生々しいところもあって好きだし。
全2巻が3巻目がでるので喜ばしいことだ。個人的にはもっと続いて欲しい。アニメ化も期待。難しいか。

2012/08/10 17:08

投稿元:ブクログ

前作から4年ぶりの続巻。 架空の中華風武芸もの。 ボーイ・ミーツ・ガールものだが破局を迎えたところでこの巻終わり。 一巻目では全二巻になると書いていたが、この巻のあとがきではもう一巻必要だと作者は述べている。やっぱり。 やっぱこの人の文章はゾクゾクするわ。 描写が強い印象を持ってる。相変わらずの描写力と切なさ。 この文章を早い執筆速度を維持できれば最強と思うがこの密度では無理。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む