サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベルの通販
  4. 女性向けの通販
  5. 集英社の通販
  6. コバルト文庫の通販
  7. 英国マザーグース物語 1 婚約は事件の幕開け!の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英国マザーグース物語 1 婚約は事件の幕開け!(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/302p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601611-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

英国マザーグース物語 1 婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)

著者 久賀 理世 (著)

19世紀、大英帝国の首都—ロンドン。偉大な探検家である当主が亡くなり、長男が爵位を継ぐことになったアッシュフォード子爵家。長女セシルはといえば、子爵家の未来のため、顔も知...

もっと見る

英国マザーグース物語 1 婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!

463 (税込)

英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!

ポイント :4pt / 紙の本より154おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

英国マザーグース物語 (コバルト文庫) 全6巻完結セット

  • 税込価格:3,70734pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀、大英帝国の首都—ロンドン。偉大な探検家である当主が亡くなり、長男が爵位を継ぐことになったアッシュフォード子爵家。長女セシルはといえば、子爵家の未来のため、顔も知らない相手と結婚することが決まっている。だが、好奇心旺盛な彼女は結婚までの一年間、新聞記者になるという前代未聞の行動に出た!「子爵令嬢」という正体を隠し、少年姿で働くセシルの前に現れたのは!?—。【「BOOK」データベースの商品解説】

大英帝国の首都ロンドン。子爵家の長女セシルは顔も知らない相手との政略結婚が決まっている。だが好奇心旺盛な彼女は結婚までの1年間、新聞記者になることに。身分を隠し、少年姿で働くセシルの前に謎の青年が…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一気に読んでしまいました

2013/10/03 21:54

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こと - この投稿者のレビュー一覧を見る

個性的で魅力ある登場人物やしっかりした世界観に、マザーグースになぞらえた謎解きが良いスパイスになっていてグイグイ引き込まれ、あっという間に読破しました。
1-5巻を電子書籍で購入、5巻ラストがあまりにあまりなので6巻は紙書籍で購入しましたよ。そろってない感じだけど表紙綺麗だから良しとしよう(^-^)
恋愛要素が爽やかレベルだったのも微笑ましく、読後爽快な感じです。
楽しく読みました。もうちょっと読みたかったな~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最後まで読んだ感想

2016/11/30 01:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uri - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後まで読んだ感想になりますが、これは中盤で「ええ!?」というような展開が待っていて驚きました。何気なく流していたある文章の一文がまさか深い深い意味を持ってるなんておもわなかったので。この作者さんの他の作品も気になるなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

バラは赤い スミレは青い ピンクは優しい 君も優しい

2013/12/15 23:10

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さるきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

イラストが綺麗だったので表紙買い。
よくある男装主人公のストーリーだと思ってたら、最初から相手に女の子であることがバレてるっていう設定。

普通は相手にバレそうなハラハラを楽しむところに男装の面白さがあるけど、
セシルは「わたし演技うまい!」と思い込んでいて思いっきり女の子の話し方しちゃっていて、それを全て承知の上でのジュリアンとの会話はなんだかかみ合っているけどかみ合っていない感じがすごくニヤニヤできる。

そもそもマザーグースってなんぞや!という感じだったのでggったら童謡の
ことなんですね。ロンドン橋落ちた、とかそんな感じ。日本でいう、わらべうた的な。
お話のひとつひとつに、このマザーグース(童謡)が絡めてあって、それもまた興味深い。

1巻第1話(?)では「バラは赤い」というマザーグースが登場するんだけど、
このお話がすごくよかったなー。
気になって調べたらビートルズの「Dear Prudence」という曲は、
この「バラは赤い」というマザーグースを元に作られた曲みたいです。本の感想と関係ないですが。

セシルには幸せになってほしいな。
完結してるみたいなのでちょっとずつ読もうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/22 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/21 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/22 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/06 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/11 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/04 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/18 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る