サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

玉子ふわふわ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:272
  • ISBN:978-4-480-42798-4
  • 国内送料無料

紙の本

玉子ふわふわ (ちくま文庫)

著者 早川茉莉 (編)

玉子についてのアンソロジー。37人の作家による「玉子饗宴」。深尾須磨子、森茉莉、石井好子、福島慶子、三宅艶子、森田たま、中里恒子、住井すゑ、武田百合子、林芙美子、網野菊、...

もっと見る

玉子ふわふわ (ちくま文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

玉子についてのアンソロジー。37人の作家による「玉子饗宴」。深尾須磨子、森茉莉、石井好子、福島慶子、三宅艶子、森田たま、中里恒子、住井すゑ、武田百合子、林芙美子、網野菊、池波正太郎、東海林さだお、伊丹十三、吉田健一、嵐山光三郎、山本精一、池田満寿夫、北大路魯山人、向田邦子、色川武大、田村隆一、神吉拓郎、細馬宏通、犬養裕美子、堀井和子、津田晴美、田中英一、熊井明子、田辺聖子、松浦弥太郎、室生朝子、筒井ともみ、辰巳芳子、林望、村井弦斎、宇江佐真理。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

スターが揃ったアンソロジー。読むとふんわり、和みます。

2011/06/12 18:31

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

37人の作家たちの、玉子に関するお話が散りばめられている。
編者は早川茉莉。
「貧乏サヴァラン」(森 茉莉の食べ物のアンソロジー)を編んだ
早川暢子とはなにか関係があるのだろうか。
というのも、「玉子ふわふわ」のトップバッターが森 茉莉だったからだ。
37人の顔ぶれは多彩である。
森 茉莉、石井好子のオムレツ話からはじまり、武田百合子、
東海林さだお、林芙美子、池波正太郎、吉田健一、嵐山光三郎、色川武大、堀井和子、田辺聖子、松浦弥太郎、筒井ともみ、など。
(ちなみに書き下ろしはありません、念のため)

いちばんおもしろいと思ったのは伊丹十三の
『目玉焼の正しい食べ方』だった。
読んでいて思わず吹き出してしまった。
目玉焼(著者にしたがう)の、白身をさきに全部たべてしまい
黄身を残しておくのは、
子どもっぽさが抜けきっていないとの指摘に、
ぎくりとしながらにやりとしてしまう。
それでは、そういうご本人(伊丹氏)の食べ方は、というと・・・・・・。

卵を割りながら、こう考えた・・・で始まる
向田邦子の『卵とわたし』も味わい深い。
この『卵とわたし』から、同名のレストランを思い出した。
前出の石井好子の『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』には、
『卵と私』というタイトルの映画の話が書かれている。
そしてこの映画をもじって、石井氏がひらいたオムレツのお店には
『玉子と私』という名前をつけたそうだ。

ちなみに、表記として、卵は生のたまごの状態を表し、玉子は調理によってなんらかの手を加えたたまごのことをいうのだと聞いたことがあるが、
手持ちの辞書には、たまご【卵】【玉子】1、鳥、虫、魚などのめすの生殖細胞、2、鶏卵、3、修業時代の人、・・・・・・と書かれている。
(『新選国語辞典』第7版より)
1、と3、についてはたしかに卵という漢字しか
使われていないように思う。
医者の卵や作家の卵は見かけても、医者の玉子や作家の玉子は
見たことがない。
2、については、生卵、ゆで玉子、と書くのが最もらしく見えるが
時おり、生玉子、ゆで卵、という書き方も見かけるので、
確かなことはわからない。

個人的には、卵、よりも玉子、と書くほうが好きだ。
漢字そのものが、なんとなく幸せな感じにあふれている気がする。
玉子料理は、そこにあるだけで、
人をにんまりさせるような力を持っている。
「玉子ふわふわ」には美味しそうなレシピもいくつか登場する。
なんだかお腹が空いてきたので、
これから玉子料理をじっくりと味わいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/01 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/14 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/29 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/21 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/15 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/10 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/16 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/26 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/03 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/23 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る