サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

華の下にて(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:15cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-893501-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

華の下にて (徳間文庫 浅見光彦シリーズ)

著者 内田 康夫 (著)

「京都の国際生花シンポジウムで何か面白いことが起きる」そう話していたルポライターが小さな橋の下で死体となって発見された。一方、独立派ともいえる生花芸術を創造している牧原良...

もっと見る

華の下にて (徳間文庫 浅見光彦シリーズ)

700(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「京都の国際生花シンポジウムで何か面白いことが起きる」そう話していたルポライターが小さな橋の下で死体となって発見された。一方、独立派ともいえる生花芸術を創造している牧原良毅が「家元制度廃止論」発言。彼の秘書も殺されてしまう。ふたつの事件に潜む謎とは?華やかさの裏側にある男と女、親と子の愛憎が渦巻く事件を浅見光彦が読み解く。繊細で美しい長篇ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

国際生花シンポジウムの開催地・京都で、ひとりの雑誌記者が毒殺された。彼が死の直前に言い残した「面白いこと」とは何か? 500年の歴史を誇る華道の家元相続をめぐる謎に、おなじみ浅見光彦が挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)