サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. SF・ミステリー・ホラーの通販
  5. 早川書房の通販
  6. ハヤカワ文庫 JAの通販
  7. グイン・サーガ・ワールド グイン・サーガ続篇プロジェクト 4の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031056-1
文庫

紙の本

グイン・サーガ・ワールド グイン・サーガ続篇プロジェクト 4 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 栗本 薫 (ほか著),天狼プロダクション (監修)

大河ロマン『グイン・サーガ』の続篇を書き継いでいくプロジェクト第4弾。外伝連載「星降る草原」では草原を襲う悲運とスカールの新たな旅立ちが、「リアード武侠傳奇・伝」では最大...

もっと見る

グイン・サーガ・ワールド グイン・サーガ続篇プロジェクト 4 (ハヤカワ文庫 JA)

税込 726 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大河ロマン『グイン・サーガ』の続篇を書き継いでいくプロジェクト第4弾。外伝連載「星降る草原」では草原を襲う悲運とスカールの新たな旅立ちが、「リアード武侠傳奇・伝」では最大の禁忌をめぐる争いが迎える数奇な結末が、「宿命の宝冠」では骨肉相食む陰謀がたどる悲惨な運命が描かれ、3作同時完結/遺稿「スペードの女王」は、伊集院大介シリーズ最新作/中島梓の内面に迫るエッセイ・日記/これにて第一期完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

草原を襲う悲運とスカールの新たな旅立ちを描いた「星降る草原」をはじめ、大河ロマン「グイン・サーガ」の外伝3編を掲載。栗本薫の遺稿「スペードの女王」、初公開となる日記、夫・今岡清のエッセイも収録。

収録作品一覧

スペードの女王 第一章(つづき) 栗本薫 著 5−41
星降る草原 最終回 久美沙織 著 43−134
リアード武俠傳奇・伝 最終回 牧野修 著 135−221

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

終わりということになると、それはそれで寂しいところがあることに気付いたプロジェクトだった

2012/03/03 18:41

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだかんだ思いながらも4巻目までつきあうことができました。これでグイン・サーガ続篇プロジェクトも1区切りだそうです。

栗本の遺稿は、第3巻に続いて伊集院大介シリーズでした。3巻の書評にも書きましたが、グインと銘打たれた本で伊集院大介を読むと言うのは妙な気分です。しかもこれがまたほとんど始まりの部分だけとは言え、面白そうだから余計残念に思えてしまいます。
栗本以外の手になる外伝3作は、それぞれ完結を迎えます。一気に読んだわけではないのでやや間延びした感じもありますが、それぞれ次のような印象でした。
『星降る草原』は、この最終回を描きたいがためのこれまでだったのかと思わせるような、最後の最後で展開が急になり、一気に話が結末を迎えます。しかもそれがちゃんと本家のキャラクター・スカールの外伝としてまとまっていったのは「お見事!」としか言えません。これで第1回頃のやや回りくどかった感じがなければ、十分グインの外伝として本家と並べても良いですね。
むしろ『リアード武侠傳奇・伝』は、何度も何度も「グイン」「リアード」と出てきていながら、やはりクムの話だったのだろうと思えてしまいました。グインの外伝ならばいろいろなアプローチの仕方があるだろうから、あまり複雑な設定にせずノスフェラスを舞台にしたクムの話とした方がすっきりしたのではないかとも思えてしまいました。
一番本家に近い雰囲気を出していた『宿命の宝冠』は、最初からの期待に背くことなく、最後まで本家の雰囲気を感じさせてくれましたが、「これで終わり?」という感じです。プロジェクトの4回分で終わらせられない話だったのかもしれません。期待していた分、少々意外な終わり方でした。私はすっかりアルロラがレンティア女王になるのだと思っていたのですが。
『日記より』は、栗本が『ぼくらの時代』で乱歩賞を受賞する頃のもので、日記そのものは当時の栗本の気持ちの揺れがみえて面白かったのですが、それをさらに興味深くさせたのは解説の今岡氏の文章でした。栗本薫の膨大な作品群での『ぼくらの時代』の位置づけを今岡氏の文章で教えられたように思います。
その今岡氏のエッセイは、栗本/中島の晩年の様子でした。中島梓の『ガン病棟のピーターラビット』を補完するような文章で、改めて栗本/中島の晩年の姿を知ることができたように思います。

初めにも書いたようにこれで続篇プロジェクトは一区切りになるようですが、このような形でグイン・サーガが続いていくのなら、それはそれでありかなとも思えるようになりました。栗本自身の文章ではないものの、多くの人たちがグイン・サーガに関わり続けているということそのものがグインらしくて良いのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/27 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/12 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 05:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/13 08:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/17 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/20 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/11 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/13 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/13 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。