サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 今日もていねいに。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

今日もていねいに。(PHP文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 106件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-67771-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

今日もていねいに。 (PHP文庫 暮らしのなかの工夫と発見ノート)

著者 松浦 弥太郎 (著)

暮らしの中のひとつひとつの出来事と向き合い、じっくりと考え、頭だけでなく、自分という存在すべてで取り組むためのやり方とは? 『暮しの手帖』編集長が自身の経験から見つけた、...

もっと見る

今日もていねいに。 (PHP文庫 暮らしのなかの工夫と発見ノート)

679(税込)

今日もていねいに。

600 (税込)

今日もていねいに。

ポイント :5pt / 紙の本より79おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暮らしの中のひとつひとつの出来事と向き合い、じっくりと考え、頭だけでなく、自分という存在すべてで取り組むためのやり方とは? 『暮しの手帖』編集長が自身の経験から見つけた、毎日を大切に生きる秘訣を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー106件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

題名どおり。

2015/08/23 18:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のことをよく知らないまま手に取ったのですが、素敵な考え方を持っている人だと思いました。ちょっとしたサプリメントのような本だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少しだけ意識が変わるかも

2015/08/26 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロケロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は他の2冊よりドキッとするお話が多かったです。
特に「面倒くさいと言わない」ようにすることはこれを読んでから心がけています。
本の題名通り、ていねいに暮らすことの大切さがわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暮しの手帖の「暮らしのヒント集」がお好きな方に

2015/09/25 22:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラジ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

暮しの手帖の「暮らしのヒント集」がお好きな方に、特におすすめです。

ヒントの要旨だけでなく、著者独特の飾らない言葉で、その「気づき」にいたる出来事や思いがていねいに綴られていて、素直に納得します。
小さなことの積み重ねを大切にしたいなと読むたびに思います。


この文庫の特徴なのか、独特の書体で、くっきりとしていて慣れるまで時間がかかりました。でも、読みやすいので、電車移動のときなどに持ち歩いています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

忘れ物

2016/03/25 11:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:redman - この投稿者のレビュー一覧を見る

日々の生活の中で小さな事柄に目をなかなか配れないですが、そういう部分に配慮する気持ちが大切なんだなと思いました。忘れかけていた何かを取り戻してくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

体温計のような本

2016/09/23 07:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふと立ち止まってみたくなって、久しぶりに松浦弥太郎さんの本を開いてみました。
 人っていつも前に進んでいくことを性(さが)のように感じているところがあって、いえそうではないんだ、立ち止まってもいいのではないか、松浦さんの本はどことなくそんなことを書いているような気がしたのです。
 私にとって、松浦さんの文章はとても心地いいリズムです。
 追い込んでこない、ゆったりとした文章です。そういう文章の感じが書かれている内容とも共鳴しあって、こういう暮らし、こういう時間は素敵だろうと思えます。

 この本には刊行当時「暮しの手帖」の編集長だった松浦さんの生きていくための秘訣が記されています。
 久しぶりに再読した私がしるしをつけたのはこんな箇所でした。
 「大切なことをルーティンで流していないか、見直しをしましょう」「ごく普通のことでもきちんとやれば、特別なことになります」。
 きっとこの本を読む、その瞬間の自分の中にあるもやもやみたいなものが、ひっかかりをみつけてくるのだと思います。
 以前読んだ時とは違う文章に、今回は気にかかったようです。

 なんだか自分の心の体調を知るのに、この本は欠かせないのかもしれません。
 ちょうど体温計で、発熱しているか調べることに似ています。
 「今日もていねいに。」、松浦さんのいう「ていねい」を実践できているか、この本を時に鏡のようにして自分を映してみるのもいいのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

松浦節炸裂

2016/10/09 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

生活は丁寧に、それが美しさにつながるという作者の哲学が本作でも貫かれています。
丁寧に心を込めて、そうありたいと思わせる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ていねいに暮らすと、食事、仕事、人間関係もていねいになってくる

2012/03/05 16:57

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

「暮しの手帖」の編集長・松浦さんが
編集後記の最後にいつも「今日もていねいに。」と書かれる。
それが好き。

だからこの本も読んでみました。

日々の暮らしのなかで、
あるいは長い人生の生き方について
松浦さんが気をつけていること、
考えていること、実行していることなどが
短いエッセイで書かれています。

自然に背筋を伸ばして
ゆったりと暮らしている様子がうかがえます。

・一、二、三の三拍子で動く。
・今、自分が選べる食事のなかで最良の食事は何か?
・人とのつきあいも壊れた時がスタート
・ついでにちょっと……をしない
・三人以上、人が集まる所になるべく行かない。
・したいことよりやるべきこと
・自分のキャパシティを知っておく。

チェックしていたらキリがないくらい……。

でもこれくらいはマネしたいと思う。
特に三人以上集まる所に行かない、というのは
女子にとってハードルが高い。
女子はグループで行動するから。

でもそのメンバーを見渡してみて
本当に気が合う人、本当に好きな人、
本当につきあいたい人はたった一人なのかもしれない。

友だちとの関係を見直すにはいい方法だと思う。
別に他の人と縁を切れとは言わないけれど
つきあう形を変えてみるのもいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

理想の暮らし方

2016/08/22 10:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰もが思っても言葉に出来ないような思いを文にしてくれてます。こんなふうに実践できたらと思う半面、理想的すぎて現実味が薄いかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/04 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/19 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/20 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/02 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/26 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/16 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む