サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 僕の宝物〈新しい母〉

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕の宝物〈新しい母〉
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/13
  • 出版社: フランス書院
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-1841-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕の宝物〈新しい母〉 (フランス書院文庫)

著者 上原 稜 (著)

「初体験がママでもいいのね?後悔しない?」丸みを帯びた腰からパンティを下ろしていく義母。若義母と少年、二人の絆が結ばれる運命の初夜。【「BOOK」データベースの商品解説】

僕の宝物〈新しい母〉 (フランス書院文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

激甘な愛情物語と濃密な官能の融合

2013/05/12 20:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

メインヒロインを義母としながら、捻りを利かせた設定が後の展開や結末に意味を持たせている。その結末に至るまでの所々には少々のファンタジーを感じなくもないが、ライトノベルでも執筆のある作者らしい、タイトルの『僕の宝物』を具現化させた激甘な愛情物語である。

割と早い段階で主人公との関係がデキるため、最終的な揺るぎない未来へと向かうまでの紆余曲折が話の本線となる。そして、主人公がチェリーだったり、ヒロインにも年の差や前夫への想いなどによる遠慮があったりと、なかなか思い通りにいかない悩みをを主人公が打ち明け、相談に乗ってもらいながら「リハーサル」役にもなってもらう相手が隣の人妻であるサブヒロインとなる。この登場のさせ方や、温和で包容力のある清楚な熟女が妖艶に化けていく淫猥さなどは非常に良かった。

ただ、この隣人には主人公の幼馴染みにもあたる娘がいて、当然のごとく後半から絡んでくるのだが、これにより終盤で母娘丼が実現するとはいえ、物語の構成としては少々の蛇足を感じるかもしれない。元より娘の存在感は希薄だし、主人公は首尾一貫して義母一筋だからである。

羨望や嫉妬といった感情を下地にした濃密な官能が随所に盛り込まれながらも、お互いに一途な主人公とメインヒロインの愛情物語故に全員がハッピーとは言えない結末を迎える本作だが、全盛期の弓月誠作品に相通ずる骨太な出来映えと読後感の良さを感じたのは自分だけだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む