サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/13
  • 出版社: フランス書院
  • サイズ:15cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-1842-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻 (フランス書院文庫)

著者 山口 陽 (著)

紗江子は美しき未亡人、だけど彼女のママ。許されない相手だからこそ青い欲望は暴走していく。甘い手しごき、蕩ける口唇愛撫、そして最高の初体験。そんな危険な関係が彼女の姉に覗か...

もっと見る

彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻 (フランス書院文庫)

751(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

紗江子は美しき未亡人、だけど彼女のママ。許されない相手だからこそ青い欲望は暴走していく。甘い手しごき、蕩ける口唇愛撫、そして最高の初体験。そんな危険な関係が彼女の姉に覗かれていたなんて!—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

捻りを利かそうとの展開と結末だが根本変革を望みたい

2013/01/18 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼女はもちろんのこと、その母(未亡人)や姉(新妻)と絡んでいく、むしろ彼女よりも絡んでいくのは悪くない。思わぬ出会いからお互いが求めあい、許されぬ関係を彼女の母と育む中で彼女の姉が出歯亀的に割り込んでくる展開も、最後は彼女自身も巻き込まれるような形で主人公を頂点とする関係に発展していく結末も悪くない。とりわけ本作では彼女の母との関係にフォーカスした大胆な幕引きとなっている点で相応に捻りを利かそうとの意図も感じる。官能場面も描写もしっかり用意され、高校生主人公のムスコに悩ましくも淫らに乱れてしまういやらしさに溢れている。本作は「黒本」の誘惑作品として及第点もしくはそれ以上の出来映えとは思う。

しかし、基本的な部分において本作は「黒本」の累計的な展開と結末に沿っているからこそ安定感を得ながらもどことなく物足りない……そんな印象にもなると思う。いや、様々な部分で趣向を凝らそうとの意思は感じるし、予定調和結構!官能要素が充分なら結構!という基本スタンスでもあるのだが、それはそれとして小説なりのドラマ性もある程度は欲しいと考えた場合、ぶっちゃけてしまうと、ハーレムエンドを前提とし、それを年端もいかないティーンな主人公(しかも最初はチェリー)が担う「黒本」誘惑系の基本構成を踏襲する以上、その枷によってどうやっても最後は似たような読後感と印象になってしまい、そして、そんな似たような作品が連発されるといったイメージへと繋がるのだが……。これに対して何かしらの根本的な変革が望まれると考えてしまうのは高望みだろうか?

もしかしたらタイトルに過剰な期待を抱いた結果かもしれず、そうであれば本作が矢面に立ってしまったようで申し訳ないところでもあるが、そろそろ「黒本」の若手~中堅辺りから革新的な「黒本」作品の登場を望みたいところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む