サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕の妹は漢字が読める 3(HJ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: ホビージャパン
  • レーベル: HJ文庫
  • サイズ:15cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7986-0344-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕の妹は漢字が読める 3 (HJ文庫)

著者 かじい たかし (著)

妹たちとともに、萌えに溢れた23世紀の日本に戻ってきたギン。作家デビューを目指し、今日も超実験的な小説の執筆に励むギンのもとに、今度はギンの「実妹」と名乗る謎の人物からメ...

もっと見る

僕の妹は漢字が読める 3 (HJ文庫)

669(税込)

僕の妹は漢字が読める3

535 (税込)

僕の妹は漢字が読める3

ポイント :4pt / 紙の本より134おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妹たちとともに、萌えに溢れた23世紀の日本に戻ってきたギン。作家デビューを目指し、今日も超実験的な小説の執筆に励むギンのもとに、今度はギンの「実妹」と名乗る謎の人物からメールが届く。どうやらその「実妹」は、ギンの出生の秘密を知っているらしいのだが…。いま、ギンを巡って義妹クロハと実妹の「真のいもうと対決」の幕が上がる。【「BOOK」データベースの商品解説】

妹たちとともに、萌えに溢れた23世紀の日本に戻ってきたギン。ある日、ギンのもとに、ギンの「実妹」と名乗る謎の人物からメールが届く。どうやらその「実妹」は、ギンの出生の秘密を知っているらしいのだが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

実妹と義妹

2015/09/10 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

23世紀に再び正統派文学を取り戻したイモセ・ギンたちだったが、全てが元通りになった訳ではなかった。旧来の日本文化を残す、ぶんかとっくという場所がアリアケに出来ていたのだ。そしてそこから、ギンの本当の妹だと名乗るマコト・アマネコがやってくる。彼女はギンの書く小説に、未来の日本語の形を見いだしたというのだ。
 ギンの義理の妹であるイモセ・クロハは、アマネコの登場に焦り、彼女が兄の小説を出版させると言うに至って、深い後悔に苛まれる。自分の気持ちを押し殺し、結局、兄に何もしてこなかったことに気づいてしまったのだ。そしてギンも、翻訳家としてデビューするクロハの負担にならないよう、アマネコの誘いに乗ってしまう。

 しかしそこで、もう一人の義妹であるイモセ・ミルが、正統派文学の大御所オオダイラ・ガイを操り、クロハとアマネコの一騎打ちの舞台を作り上げる。

 前巻のタイムトラベルのネタを伏線として引きずりつつ、今回は実妹と義妹の兄を巡る戦いが描かれる。そしてギンの出生の秘密、2.5次元生まれという事実も明かされ、23世紀の未来日本に吹き荒れる混沌の嵐を感じずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/13 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/22 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/11 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/08 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/12 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

HJ文庫 ランキング

HJ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む