サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金は彼女の回りもの(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/301p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886166-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

金は彼女の回りもの (電撃文庫)

著者 時田 唯 (著)

突如、母の残した借金2千万円を背負うことになった高校生・中村透。そんな夜逃げ寸前のピンチを救ったのは、同じ学園に通う美人お嬢様・家宝茜だった。透は恩人である茜に「僕を担保...

もっと見る

金は彼女の回りもの (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

金は彼女の回りもの

637(税込)

金は彼女の回りもの

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

突如、母の残した借金2千万円を背負うことになった高校生・中村透。そんな夜逃げ寸前のピンチを救ったのは、同じ学園に通う美人お嬢様・家宝茜だった。透は恩人である茜に「僕を担保に、いや下僕にしてください!!」と恩返し大作戦を敢行するが、ある事件のせいで人間不信に陥っていた茜は透を信じることができず…。さらに、お嬢様に急接近した透を不審に思ったお兄ちゃん大好きの妹と、ほのかな恋心を抱く幼馴染みの少女から徹底的にマークされるハメに。そんな折、茜の誕生日パーティ会場に潜入した一同は、彼女の思い出を踏みにじる心ない出来事を目の当たりにし—。下僕の真心がお嬢様の冷めた心を温めるほんわか主従ラブコメ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2013/01/04 10:50

投稿元:ブクログ

電撃文庫版ハヤテのごとく。まぁあっちみたいに執事じゃなく下僕だったり、メイドさん(17)も出てこないけど、大まかな設定的にはそんな感じ(ぇ メインな流れはすごく王道で読みやすく、あとがきで書かれてるようにラブコメより真心の物語ですね。透ができた人間だけに後半の大人たちェ…。その対比がいいんでしょうけど。キャラ属性もベタながらしっかりしてたと思います。次もあるのかな?

2013/08/04 20:48

投稿元:ブクログ

親がいなくなった。
しかも見知らぬ多額の借金を残して…。
残された妹に気がつかれないよう、どうにかしようと奔走している最中
ばったり倒れて、気が付けばクラスメイトに助けられた少年。

連続短編集3話分。
その間に、少年と、彼を好きな女の子と、お兄ちゃんラブ! の妹と
お金しか信じていない少女が、何とな~く信頼関係を結んでいく状態?
というよりも、これを言ったら話すら始まらないと思いますけど
どこの世界に、突如2千万上げますという人がいますか?w

お金しか信じない! というわりに、かなりいい人の金持ち少女。
親戚ではないので、もしかしたらその辺で
警戒が薄いのかもしれません。
もしくは、裏表なしの少年の知り合いだから、とか?
信じられるものが存在するのは良い事です。
精神的に楽になりますから。
ただ、そこに依存し始めるのはどうかと思いますけど
そんな事もなさそうですし。

これ1冊だけですが、続きあったら読んでみたいな、とは思います。
出さない方が、多分いいとは思いますが。

2012/01/22 09:45

投稿元:ブクログ

お金はいつ回るのだろうと思っていたが回らず、では、何が回ったのだろうというと、ヒロインの人を信じる心ということなんだろう。金は天下の回り物という諺に対するカウンターとなりうるかというと、作中で省略されているが、金があってこそ成立する設定だけになんとも微妙。

主人公の真心だけは不変というところを軸としてはいるのだが、ハーレム設定ゆえの朴念仁性が真心を無機質なものにしてしまう。

お金の向こうの悪意をヒロイン側だけに押し付けているが、主人公側が背負った借金の向こうはどうなのかということろに触れなかったため、立ち位置がヒロインと同じとなってしまい、真心を貫き通す精神的背景としては薄くなってしまっている。

言葉の選択が微妙で、これは編集者にも責任があるとは思うが、誰視点であるか、舞台がどこで誰といるのかがわからなくなり読み返すことが多かった。

2012/05/28 09:47

投稿元:ブクログ

ハートフルなラブコメですね.
借金男子の真心がお嬢様の心を温めるという.
お嬢様,いいキャラだなぁ.
妹ちゃんも良い感じじゃないでしょうか.
まさかの義妹.
ということはもしかしてもしかするかもしれないぞ?
いや,無いか.
で,あとは幼馴染ちゃんか.
こいつはテンプレ通りの行動してるんで特に今更言うこともない,と.

そしてアレだ,金の亡者共が気持ち悪いな.
ラブラブコメコメじゃなくていい話系で頑張って欲しいものです.
幼馴染ちゃんはもう大人しくしていなさい.

2012/06/30 01:57

投稿元:ブクログ

設定からハヤテを彷彿とさせる。規模は小さいし、超人的なこともないけど。そういう意味では、何もかもが物足りない印象。

2015/03/26 22:18

投稿元:ブクログ

設定から何からすべてがテンプレどおりの作品。
守銭奴といわれるヒロインがいきなり主人公に優しくしてしまうので意外性がなく、最後まで淡々と進んでいる印象を受けた。

2012/12/21 20:11

投稿元:ブクログ

母親の借金を肩代わりすることになってしまった主人公のピンチを救ってくれたのは同級生の人間不信のお嬢様。
無担保でお金を貸してくれたお嬢様に主人公は恩を返すために「下僕にして下さい」と頼み…というラブコメ

途中までの展開があまりにもテンプレすぎて早い段階から流し読み。
最終的にはまとまっていったけど、特に印象に残らなかったかな。

2012/02/04 17:00

投稿元:ブクログ

書店で読むべきではない。序盤から終盤の始めあたりまではニヤニヤシーンが数多く存在する。少し設定が強引に感じたので星は3つ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む