サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. @HOME 2 妹といちゃいちゃしたらダメですか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

@HOME 2 妹といちゃいちゃしたらダメですか?(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/220p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886270-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

@HOME 2 妹といちゃいちゃしたらダメですか? (電撃文庫)

著者 藤原 祐 (著)

倉須芽々子。高校一年生、十六歳。血の繋がらない七人きょうだいの寄せ集めであるわれらが倉須家の三女は、きょうだいたちにココロもカラダもべったりな家族依存症。だけどこの家に来...

もっと見る

@HOME 2 妹といちゃいちゃしたらダメですか? (電撃文庫)

572(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

@HOME(2) 妹といちゃいちゃしたらダメですか?

572 (税込)

@HOME(2) 妹といちゃいちゃしたらダメですか?

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

倉須芽々子。高校一年生、十六歳。血の繋がらない七人きょうだいの寄せ集めであるわれらが倉須家の三女は、きょうだいたちにココロもカラダもべったりな家族依存症。だけどこの家に来たばかりの僕などはその病理―つまりは無防備さと過剰な肉体的接触に翻弄されっぱなしだし、彼女の友人たちの中には、新参の兄貴である僕に警戒心を露わにしちゃってる娘などもいるワケで…。いっぷう変わった家族、倉須家を巡るハートウォーミング(?)ストーリー、待望の第二弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

ペタペタしてくる妹をどうしますか?

2015/09/10 12:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

事故で両親を失ってしまった園村響が引き取られた倉須家は、長男・高遠、長女・礼兎を筆頭として、兄弟6人の誰も血がつながっていない家族が暮らす家だった。それから三ヶ月、家族の一員となった倉須響の最近の悩みは、姉妹との距離感だ。一人っ子だった響には、今の距離感が普通なのか、彼女たちに抱く感情が適切なのか、判断がつかない。
 しかし、三女・芽々子の響に対する懐き方が異常だと言うことは何となく分かる。高校生になっても兄となった響にペタペタくっついてくるのはやり過ぎだと思うのだ。そんなとき、芽々子の友人である小林香、曽我優菜、白井沢くるみの3人が家に遊びに来ることになり、響もそれに付き合わされることになったことから、響は芽々子が抱える問題と向かい合うことになる。

 久しぶりの新刊。このシリーズは藤原祐氏の他の作品とは少し趣が違っていて、例えるならば杉井光氏が10%くらい配合されている印象を受ける作品となっている。つまり、作者本来の味もありつつ、少し突出した人間関係がコミカルに、しかし重たく描かれるのだ。
 今回はリリィの暴走は少なめで、他のキャラクターに対する伏線がいくつか敷かれる。そんな準備もされつつ、芽々子という妹のあり方が存分に語られていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/19 20:41

投稿元:ブクログ

今回は兄妹依存の強い妹ちゃんにスポットが当たったお話。
倉須家に入って間もない響君の視点なので、
知らなかった過去に纏わるお話というのが
これから色々と出てくるのでしょうね。
本編はやっぱりドタバタコメディーな感じなので、
あまり得意でない私は評価を中々上げられないのですが、
「永遠は無いけど、10年とか生涯とか、その位は信じても良い」
というみょーりんちゃんの言葉は印象的でした。

2013/05/09 20:22

投稿元:ブクログ

14ヶ月ぶりに出た話らしいですね.
ちなみに俺がこのシリーズを読むのは2年ぶり.
まぁ,それはどうでもよくて.
今回は女子高生な妹とイチャイチャする話.
ボディタッチとか抱きつきとか.
それとその妹の友達に値踏み(?)される話.

妹ちゃん可愛いわー.

2012/01/27 07:20

投稿元:ブクログ

色々とわけありがあつまって家族になる話。
今回は妹の話。

まあ、普通にいい話。
それより、妹の同級生とのフラグが未回収なので続編が
期待できるところ。

暇つぶしのつもりで買ったが、意外と深かったよ。

2013/02/28 22:57

投稿元:ブクログ

一巻はなかなか面白いなーくらいだったのだが、二巻はガツンときた。これでもかと、家族愛の一面を描いてた。
短い中に詰まってますね。

2012/01/10 18:14

投稿元:ブクログ

良かった……。なるほどそういう事情だったのか……。これは良い……、うん。良いんだ……、きっとわかってくれるさ……。

妹とイチャイチャしたって良いんだよ。だって、家族なんだもの。
そしてまだまだ秘密というか秘め事というか謎があります。
亡くなった家族の核、要兄さん。 園村を知る白井沢くるみ。
これからどう関わってくるのか注目です。

2012/02/04 16:57

投稿元:ブクログ

1巻と変わらず良質の家族モノ。今回はキャラクターたちの精神状態が見ものか。百合好きにもオススメする。

2012/01/14 08:40

投稿元:ブクログ

家族もので、血の繋がらない家族の関係を、真っ向から向かって描いていて、非常に興味深く、面白かったです。何となく心が優しくなるような日常パートから、心痛むシリアスパートの移行が見事でした。そして、響の出した答えが、こちらまで心打たれて、目頭が熱くなりました。2巻もいい話だな、というところで、引きとなるような気になる展開があり、続きがまた楽しみになりました。今度はあんまり間が空かないで欲しい、と、願いながら続きを待ちたいです。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む