サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 化学同人の通販
  6. パンドラの種 農耕文明が開け放った災いの箱の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パンドラの種 農耕文明が開け放った災いの箱
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 化学同人
  • サイズ:20cm/283,21p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7598-1498-9

紙の本

パンドラの種 農耕文明が開け放った災いの箱

著者 スペンサー・ウェルズ (著),斉藤 隆央 (訳)

人類の繁栄を築いたはずの農耕文明が、現代の災禍を招いていた。いったい何を間違ったのか? パンドラの箱に希望は残されているか? 遺伝学と人類学の知見を駆使して、われわれの来...

もっと見る

パンドラの種 農耕文明が開け放った災いの箱

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類の繁栄を築いたはずの農耕文明が、現代の災禍を招いていた。いったい何を間違ったのか? パンドラの箱に希望は残されているか? 遺伝学と人類学の知見を駆使して、われわれの来し方と行く末を追う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スペンサー・ウェルズ

略歴
〈スペンサー・ウェルズ〉ハーヴァード大学で博士号を取得。スタンフォード大学とオックスフォード大学でポスドクの研究を行った。ナショナル・ジオグラフィック協会の協会付き研究者。著書に「旅する遺伝子」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

最後の方が…

2012/07/29 12:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジョニー - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は生物学の範疇で楽しく読み進められたが、後半はそこから派生して、やや哲学っぽくなり、読むのがしんどくなりました。著者の言わんとすることは理解出来ましたが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

グッと来るタイトルの割には・・・

2012/06/09 23:20

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レントゲンのパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

約1万年前の、人類による『農耕』の発明が、文明発展の契機となるばかりでなく、現代に蔓延する『厄災』に繋がったとするネガティブな影響について、農耕の象徴である「種」と「パンドラの箱」とをかけた作品。

著者は、農耕の発展がもたらした「食料の余剰」が、現代社会の肥満やストレス、環境破壊を招いたとする一方で、最先端の技術を積極的に利用すべきという科学者らしい見解も述べている。

その一例に著者は、現代のエネルギー不足に対して『原子力発電』を推進している(本作品は震災以前に書かれたものだが、震災と福島原発事故を経験していたら、その考えは変わっていただろうか?)。

正直・・・現代の抱える諸問題を、1万年前の農耕出現に責任を押し付けるのは無理があると思う(実際、著者は飛行機とノートパソコンを駆使して世界中で本書を執筆しているようだし)。

それに、「1万年前に農耕が世界各地で同時多発的に出現した理由」や「狩猟採集民より不健康だった時代があったのにどうして」といった謎を提起しながらも、本作品の中で答えを見出していない。

集団遺伝学者として、タイトルにふさわしく我々が見ることのできない1年前の出来事を述べて欲しかったのに、本書の大半を現代の問題に費やしているのが非常に残念(それは集団遺伝学者じゃなくても書けるでしょ)!

前作『アダムの旅』が大作だっただけに、タイトルを見るや否や中身も見ずに買いましたが、正直『名前負け』していると思う。おそらく著者の作品を読むのはこれが最後でしょう。ウェルズさん、さようなら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/23 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/11 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/01 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/08 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/16 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/04 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/22 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/13 04:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/17 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/03 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

世界史 ランキング

世界史のランキングをご紹介します世界史 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。