サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

白痴 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 116件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-102401-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

白痴 改版 (新潮文庫)

著者 坂口 安吾 (著)

白痴の女と火炎の中をのがれ、「生きるための、明日の希望がないから」女を捨てていくはりあいもなく、ただ今朝も太陽の光がそそぐだろうかと考える。戦後の混乱と頽廃の世相にさまよ...

もっと見る

白痴 改版 (新潮文庫)

497(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白痴の女と火炎の中をのがれ、「生きるための、明日の希望がないから」女を捨てていくはりあいもなく、ただ今朝も太陽の光がそそぐだろうかと考える。戦後の混乱と頽廃の世相にさまよう人々の心に強く訴えかけた表題作など、自嘲的なアウトローの生活をくりひろげながら、「堕落論」の主張を作品化し、観念的私小説を創造してデカダン派と称される著者の代表作7編を収める。【「BOOK」データベースの商品解説】

戦後の混乱と頽廃の世相にさまよう人々の心に強く訴えかけた表題作をはじめ、自嘲的なアウトローの生活をくりひろげながら、「堕落論」の主張を作品化し、観念的私小説を創造してデカダン派と称される著者の代表作7編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

いずこへ 7−43
白痴 45−86
母の上京 87−119

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

観念的私小説を創造してデカダン派と称される著者の代表作7編を収める。

ジュンク堂書店那覇店さん

『白痴の女と火炎の中をのがれ、「生きるための、明日の希望がないから」女を捨てていくはりあいもなく、ただ今朝も太陽の光がそそぐだろうかと考える。戦後の混乱と頽廃の世相にさまよう人々の心に強く訴えかけた表題作など、自嘲的なアウトローの生活をくりひろげながら、「堕落論」の主張を作品化し、観念的私小説を創造してデカダン派と称される著者の代表作7編を収める。』

『女が欲しい。たとえ白痴であったとしても。』
今では考えられないほどショッキングな帯の付いたこの文庫本は、しかし、内容はもっとハードでした・・・。

暗い。全編がとにかく暗いんです。
ですが読み終わった時、なぜか心がスッキリしている自分を発見しました。
嫉妬・憂鬱・絶望、ニヒリズムでしょうか。そこはかとなくユーモアに変換されていたりもして油断できません。
不幸を不幸と思わず、そのままに受け入れて生きていく登場人物たちの強さを、私も見習いたいものだと思いました。

みんなのレビュー116件

みんなの評価4.0

評価内訳

白痴の中に見えるもの。

2001/03/19 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:デレク - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台は太平洋戦争中の日本。アメリカ軍戦闘機によって、空襲を浴びせられるという時代である。そこにいた人々の生活は苦しく、何もかもが混沌、混乱であった。そんな時、一人の青年と一人の白痴女の間に芽生えたものは何だったのであろうか。
 空襲を浴びせられた時、一瞬でも避難が遅れると、それは致命的なのである。それすなわち、死なのである。そのような事態において、己が守るべきものは果たして何か。自らの命か、財産か、他人の財物か。人々は、極限状態の中で、何を見るのか、何を求めるのか。そして、一人の青年が救ったものは、守ったものは、得たものは、何なのか。それは、それぞれの中でそれぞれのストーリーが生み出される瞬間であった。
 そして、白痴な女は、やはり、いつの時代でも男をひきつけてやまない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

堕落とは道徳の虚偽を暴くこと

2001/05/29 20:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世間的な道徳を唾棄し、自らのおもむくままに女の体を求める主人公。
 「人格などどうでもいい、単に体だけが好きなのだ」と言いきる姿勢は、偽善的な愛の物語より潔く、その対象となる女もそのことをわかっていてやけに清々しい。安吾の言う「堕落せよ」とは、「自らの欲望に目を伏せるな」という強い態度であるが、これらの短篇群によって彼の論理は見事に証明されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/18 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/10 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/03 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/24 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/23 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/26 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/01 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/28 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/25 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/26 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/21 08:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/30 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/01 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る