サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の言語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の言語
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 明石書店
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7503-3516-2
  • 国内送料無料

紙の本

原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の言語

著者 安冨 歩 (著)

人々を都合のよいように巧みに操る「東大話法」。原子力発電所という恐るべきシステムはこの話法によって出現し、暴走し、爆発した。様々な東大話法規則を事例とともに解明し、東京大...

もっと見る

原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の言語

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人々を都合のよいように巧みに操る「東大話法」。原子力発電所という恐るべきシステムはこの話法によって出現し、暴走し、爆発した。様々な東大話法規則を事例とともに解明し、東京大学をその呪縛から解放する道を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安冨 歩

略歴
〈安冨歩〉1963年大阪府生まれ。京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。東京大学東洋文化研究所教授。博士(経済学)。著書に「生きるための経済学」「複雑さを生きる」「「満洲国」の金融」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

「事故の時どうなるかというのは想定したシナリオに全部依存します

ジュンク堂

「事故の時どうなるかというのは想定したシナリオに全部依存します」「専門家になればなるほど、そんな格納容器が壊れるなんて思えないんですね」とのうのうと言ってのける「原子力ムラ」の人々。「結局自分があるようでいて実はないのですから、事故があったときに本当に自分の責任を自覚することになかなかなっていかない」などと無責任極まりない言葉を吐くかと思えば、大所高所から「我が国は……しなければなりません」などとのたまう。
とはいえ、彼らは、原子力の「平和利用」の推進という「国策」=「ご公儀」の配分する「役」を担うことで、自らの立場を守っているだけであり、東大の原子力関係者の「傍観者」的態度は目も眩むほどの水準に達していて、自分たちに責任があるという意識が全く欠落している、と安冨は言う。
東大の教員は「お前は一体、どういう立場で話しているんだ!?立ち位置をはっきりさせなさい!!」と学生を指導するらしい。誰かが東大話法を振り回し、誰かがそれに畏れ入ると、それが東大話法の話者を生み出し、その話者がまた東大話法を振り回し…。「東大話法」は鼠算式に増殖していく、そして「立場主義社会」が成長していく。

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

「立場主義」いう視点

2012/02/02 10:58

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hharu - この投稿者のレビュー一覧を見る

一部の人々の間では早くも今年の流行語大賞にノミネートされた感があるのが、「東大話法」という言葉だ。著名なオピニオンリーダーや学者などの言説をバッサバッサと斬っていくところは痛快で、その点に期待する読者にももちろんお勧めできるが、むしろその後に「立場主義」を論じている4章が本書の真骨頂だと思う。
マルクスが分析したように「資本主義社会」は「商品」で構成されているわけだが、著者の言う「立場主義社会」は「役」で構成されているということにもなるだろうか…。“日本の資本主義は西洋の資本主義とは違う”などと言われることがあるが、そうした点にも関係ありそうだ。また、よく言われる「公」と「私」、「建前」と「本音」といった対立軸とは別に、特に日本には、「立場」と「意志」とでも言えるような対立軸があるのかもしれない。さまざまなテーマを考えるヒントになる書物である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/31 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/17 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/17 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/04 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/07 05:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/24 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/18 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/21 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/27 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/16 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/06 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/15 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む