サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 月だけが、私のしていることを見おろしていた。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月だけが、私のしていることを見おろしていた。(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月だけが、私のしていることを見おろしていた。 (メディアワークス文庫)

著者 成田 名璃子 (著)

高学歴、高年齢、高層マンション住まいの3K女・二宮咲子は、元彼の御厨に未練たらたらの日々を送っていた。週末の友人の結婚式で御厨と奥さんに再会することを悩む咲子は、占い師に...

もっと見る

月だけが、私のしていることを見おろしていた。 (メディアワークス文庫)

637(税込)

月だけが、私のしていることを見おろしていた。

637 (税込)

月だけが、私のしていることを見おろしていた。

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高学歴、高年齢、高層マンション住まいの3K女・二宮咲子は、元彼の御厨に未練たらたらの日々を送っていた。週末の友人の結婚式で御厨と奥さんに再会することを悩む咲子は、占い師に一週間で出会いがないと一生独身と宣言されてしまい…。そんな彼女には、誰にも言えない楽しみがあった。それは、年下青年の住むぼろアパートを中古の天体望遠鏡で覗くこと。今の彼女の心を暖めてくれるのは、月夜に望遠鏡を通して知り合った青年・瑞樹との交流しかなくて—。第18回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞メディアワークス文庫賞(第18回)】高学歴、高年齢、高層マンション住まいの3K女・二宮咲子は、元彼の御厨に未練たらたらの日々。週末の友人の結婚式で御厨と奥さんに再会することを悩む咲子は、占い師に1週間で出会いがないと一生独身と宣言されてしまい…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

本当に評価して欲しい人はひとりだけ

2015/09/14 16:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

二宮咲子はIT業界に勤めるキャリア志向の女性だった。しかし、そんな彼女を穏やかに支えてくれていた御厨俊夫を、仕事のイライラをぶつける様に叩きだしたことで、その後の一年は今までなぜ頑張っていたのか分からなくなってしまった。
 後輩の上田理菜は、女としての努力を怠けているように見える咲子を叱咤し、合コンなども設定してくれるのだが、いまいちその気になれない。そんなある日、理菜に無理やり連れて行かれた占い師に、一週間以内に出会うチャンスを捕まえないと一生独身と言われショックを受ける。さらに、それに追い打ちをかけるように、元彼の御厨が、夫婦!で、自分と同じ結婚式に招待されているというのだ。

 そんな彼女を慰めてくれるのは、街で偶然手に入れた望遠鏡と、それで覗く、貧乏アパートに住む青年だ。そんな縁で交流することになった青年・大島瑞樹に励まされ、そして自分の本当の気持ちを自覚させられていく。
 理菜の紹介で会う年下の男、及川部長が持って来たお見合い相手の御曹司・友引達彦。止まっていた流れを動き出させるような、怒涛の一週間が始まる。そしてその結末は…。

 失ってから始めて、それがどんなに大切だったか分かるという、よく言われる様な教訓を、仕事では優秀でも女としては上手く自分を出せない、二十代最後の女性を主人公として描いている。

 個人的には、咲子や理菜の、ミス・ブースカと呼ばれる存在に対する扱いはあまりにも酷過ぎる様に感じる。彼女自身が何か嫌がらせをしたわけでもないのに、明らかに見下したような扱いをしているのだ。それは、彼女たちがバカにする浜本拓が取っている態度と同質のものではないのか?つまり彼女たちが浜本に抱く感情は、同族嫌悪であるように思える。もっとも、おそらくはミズ・ブースカに、知らないうちに彼女は助けられているわけだけれど。

 ところでこの作品、女性と男性の立場を入れ替えたら、特に面白みのない作品になるであろうところが面白い。家庭のために働くとか、昭和の男性像そのものの気がする。でもそれを性別を変えて描くことで現代にマッチした作品になるとしたら、社会はどれだけ同じことを無自覚に繰り返しているのだろう?
 あと、同じことを男がやったら、単なる犯罪になり下がるところは忌々しい。やっていることはストーカーでも、相手が嫌がっていなかったら犯罪にならないのだから、立証が難しいのもむべなるかな。

 第18回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/06 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/02 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/22 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/06 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/17 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/11 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/31 05:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/01 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/29 08:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/05 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/30 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/30 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む