サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  本を開いて旅に出よう ~2/21

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 71件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/01/17
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/179p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277044-6
文庫

紙の本

カソウスキの行方 (講談社文庫)

著者 津村 記久子 (著)

不倫バカップルのせいで、郊外の倉庫に左遷されたイリエ。28歳、独身、彼氏なし。やりきれない毎日から逃れるため、同僚の森川を好きになったと仮定してみる。でも本当は、恋愛がし...

もっと見る

カソウスキの行方 (講談社文庫)

税込 550 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不倫バカップルのせいで、郊外の倉庫に左遷されたイリエ。28歳、独身、彼氏なし。やりきれない毎日から逃れるため、同僚の森川を好きになったと仮定してみる。でも本当は、恋愛がしたいわけじゃない。強がっているわけでもない。奇妙な「仮想好き」が迎える結末は—。芥川賞作家が贈る、恋愛“しない”小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

郊外の倉庫管理部門に左遷された独身女性・イリエは、日々のやりきれなさから逃れるため、同僚の独身男性を好きになったと仮想してみることに。奇妙な「仮想好き」が迎える結末は…。表題作を含め全3編収録。【「TRC MARC」の商品解説】

 【商品解説】

収録作品一覧

カソウスキの行方 7−98
Everyday I Write A Book 101−138
花婿のハムラビ法典 141−168

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー71件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

この脱力感に溺れる

2018/02/14 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケタケタ笑いながら読んだ。こんなにも「ケタケタ」がしっくりくる作家はシーナ・マコト以来ではあるまいか。表題『カソウスキの行方』が秀逸。地味で救いがなくて、どよんとしている30手前のOL。左遷させられくさくさしているところに親友の結婚という追い打ち。なんか明るい話題欲しいなと少し思うも行動が面倒なので、同僚のこちらもパッとしない男性を無理矢理好きになってみる「仮想好き」という術を編み出す。好きと思い込んでなんやかんや心を浮き立たせようとするが、、。ここまで人間を追い込む「恋愛」って「すごいなあおい」(棒)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

市井のひとが主人公の短篇集。矛盾があるからこそ「日常」っぽい。

2012/02/12 15:38

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る


ハジメマシテの作家さん。
恋愛小説かな、と思って手にとったのだけれど、
たぶんこれは恋愛小説ではない(と思う)。
少なくともわたしの中ではそうカテゴライズされる。
収録作品は3篇。



『カソウスキの行方』
カソウスキ。
変換しようとしたら「火葬好き」となって
「どこのマニアだよ!」とひとり突っ込みをしたしまった
話は置いておいて・・・

カソウスキ
→「仮想好き」が正しい解釈。
周りに男がいないので
ぱっとしないけれど唯一の独身男性を
取りあえず好きと思い込んで
「女子として」どうにか生活していこうとするための
一種の手段のことだ。

理不尽な理由で左遷されたイリエは
やる気もなにもなし。
ぱっとしない同僚の森川をカソウスキして
どうにかこうにか「女子として」生きていこうとする。



『Everyday I Wirte A Book』
いいなと思っていたオトコの結婚相手が
ちょっとした有名人だったがために
その女性のブログをチェックして
溜息をついたりイライラしたりの野枝。
仕事でも理不尽な目にあって後輩に八つ当たり。
そして自己嫌悪に陥るという負のスパイラル。
気兼ねしなくていい男友達(知人)のオサダと
飲みに行くも10時に帰ってしまう。
オサダは何をしているのか。
特に興味はないがオサダと飲まないといらいらは募るばかり。



『花婿のハムラビ法典』
目には目を、のハムラビ法典。
婚約者との恋人時代、
遅刻されれば遅刻をし、
ドタキャンされればドタキャンし、
やられたらやりかえすというハムラビの教えを
こそっと実行してきたハルオ。
そして今日、ハルオはその恋人と結婚式を迎える。



どの物語も市井のひとが主人公だ。
理不尽な目にあったり、
妄想恋愛したり、
思いこんだりやる気なくしたり
八つ当たりしたり、やりかえしたり。


「わかるわかる!」ということもあるし
「それはどうなの?」と思うこともある。
その矛盾感が「日常」であり
リアリティがあるということでもあるだろう。

文章については、苗字をカタカナ表記にする
意図が理解できないし、
読み始めはとっつきにくい感じもあって
相性はよろしくないみたい。

ただ、読み終えるとなんとなくあったかい気持ちになる。
どのお話も結論がないので
「だからどうなの?」と思ってしまうのは
わたしの性格上、どうしようもない。

悪くはない。

市井のひとはそんなこと上司に突っ込んだりしないよ!
とか、
先輩の勘違いですなんて言わないよ、その状況で!
とか、
市井のひとを主人公にしているからこそ
気になることもちらほら。

でも悪くはない。

「悪くはない」は「良い」とイコールではない。
だから、2冊目はないかな、とも思う。
たぶん、相性の問題。



『カソウスキの行方収録作品
・カソウスキの行方
・Everyday I Write A Book
・花婿のハムラビ法典

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なにげない話。

2017/02/22 09:49

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よよん - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の行動、思考を淡々と書いたもの。起承転結という概念に当てはめて読む必要は無いのかな。名字がカタカナ表記で読みにくいのが残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/04 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/11 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/05 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/31 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/08 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/04 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/15 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/16 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/20 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/28 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/11 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。