サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1115-17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真鍮の評決 上(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/399p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277124-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

真鍮の評決 上 (講談社文庫 リンカーン弁護士)

著者 マイクル・コナリー (著),古沢 嘉通 (訳)

丸一年、わたしには一人の依頼人もいなかった。だが妻とその愛人の射殺容疑で逮捕されたハリウッド映画制作会社オーナーは弁護を引き受けてほしいという。証拠は十分、アリバイは不十...

もっと見る

真鍮の評決 上 (講談社文庫 リンカーン弁護士)

税込 922 8pt
29%OFF

真鍮の評決 リンカーン弁護士 (上)

11/28まで通常922

税込 646 5pt

真鍮の評決 リンカーン弁護士 (上)

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.5MB 無制限
Android EPUB 3.5MB 無制限
Win EPUB 3.5MB 無制限
Mac EPUB 3.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

丸一年、わたしには一人の依頼人もいなかった。だが妻とその愛人の射殺容疑で逮捕されたハリウッド映画制作会社オーナーは弁護を引き受けてほしいという。証拠は十分、アリバイは不十分。しかも刑事がわたしをつけまわす。コナリー作品屈指の二人の人気者が豪華共演する傑作サスペンス、満を持して登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【アンソニー賞最優秀長篇部門賞】リンカーン弁護士のマイクル・ハラーがボッシュ刑事とタッグを組む! ハラーは殺された仲間の弁護士の謎と映画制作会社オーナーの殺人容疑をはらそうとするが…。コナリー作品の2人の人気者が豪華共演するサスペンス。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

<リンカーン弁護士>、第二弾。

2018/08/21 03:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

久し振りにコナリー作品に復帰。どこから読んでないんだっけ、と思ったら『真鍮の評決』だった・・・<リンカーン弁護士>シリーズ2作目。もう5作目も出てるよね・・・まぁ、ボッシュものもっと放置してるけど。
そんなわけで6年遅れで読みました。

一作目『リンカーン弁護士』事件から約一年後、ひどい痛手から刑事弁護士業務から遠ざかっていたミッキー・ハラー。しかしそろそろ復帰しようとしていた矢先、弁護士仲間のジェリー・ヴィンセントが非業の死を遂げる。ジェリーは自分に何かあったときの代理人としてミッキーを指名していた(別に命の危険を感じていたからではなく、形式的なもの。ずっとミッキーも同じ書類にジェリーの名を書いていた)。おかげで休業明けの弁護士はいきなり32件の訴訟を抱える売れっ子に。その中でもいちばん大きく、厄介な案件は「映画製作会社のオーナー、妻とその愛人を殺害」というやつ。その事件の被告ウォルター・エリオットは検察側が十分な証拠を持っていると言っているのに落ち着き払い、「自分は無実なんだから当然、無罪評決が出てすぐに元の生活に戻れる」と疑っていないようで、その動揺のなさに逆にミッキーは疑惑を覚えるが・・・という話。

いつも「ミッキー」と呼ばれているし自分もそう言っているので、実は本名(?)はマイケル・ハラーだと思い出させる場面で「あぁ、そうだったね!」と深く頷く。外国語の愛称の付き方のルール、やっぱりよくわからない(愛称をどの状況でまで使うのか、を含めて)。
物語はそんなミッキーの一人称で進みますが・・・あぁ、そうだった、ミッキーは口は達者だけど(弁護士だから?)、結構腰抜けで、でもお坊ちゃま育ちだからか根本的にはいい人でつい人を信じてしまいがちで、だから「依頼人が有罪であろうと関係ない、無害を勝ち取ることが仕事」とあえて悪ぶっている自分に酔いつつ、そんな自分を恥じている。ダメ男だがにくめない、そんな人だった。
で、前任者が殺されて犯人が見つかっていないため、その調査と護衛の意味も含めてロス市警からやってくるのがハリー・ボッシュ。
ミッキーとハリー、初共演!、が本作の肝。とはいえLAタイムズの新聞記者ジャック・マカヴォイくんも出てくるんですが・・・あくまでちょい役。そんなちょい役でもいい印象を残さないジャック・マカヴォイ、私はほんとに彼が好きではないらしい。ジャックに比べたらミッキーなんてかわいいもんさ。
事件の方は・・・翻訳時差と私個人の時差のせいで、裁判物としての意外性はあまりなかったかも(その間にあたしが裁判物の映画やドラマをかなり見ちゃってたから)。でも事件を構成した背景などは、いかにもLAというか、映画製作にどれだけお金がかかるかということにも絡んでいてなんだか悲しくなる・・・映画は夢でも、それをつくる過程は容赦ない現実なのね。
しかし驚いたのは、ミッキーとボッシュの秘密のつながりについてこの話で明らかにしてしまったこと(ボッシュが知っていることは読者もわかっていたけど、ミッキーは知らないことだったから)。
それで引っ張るような話は書かない!、というマイクル・コナリーの矜持か。
でもシリーズものってどうしてもキャラクター小説になっていくもの。その制約の中で、単体のミステリとして面白いものを書く、という気概を期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/04 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/15 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/03 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/01 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/22 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/30 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/07 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/25 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/26 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/22 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/25 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。