サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会思想・政治思想
  5. 社会評論社
  6. マルクスの物象化論 資本主義批判としての素材の思想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マルクスの物象化論 資本主義批判としての素材の思想
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 社会評論社
  • サイズ:21cm/411p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7845-1809-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

マルクスの物象化論 資本主義批判としての素材の思想

著者 佐々木 隆治 (著)

経済学批判の意義を理解するための前提となる、マルクスの「新しい唯物論」を明らかにした上で、マルクスの経済学批判において決定的な重要性を持つ、物象化論の理論的核心とその意義...

もっと見る

マルクスの物象化論 資本主義批判としての素材の思想

3,996(税込)

ポイント :37pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

経済学批判の意義を理解するための前提となる、マルクスの「新しい唯物論」を明らかにした上で、マルクスの経済学批判において決定的な重要性を持つ、物象化論の理論的核心とその意義を追究する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 第Ⅰ部 「実践的・批判的」構えとしての「新しい唯物論」
    • 第1章 マルクスの「唯物論」にかんする諸説
    • 第2章 マルクスにおける「新しい唯物論」
    • 第3章 哲学批判と「実践的・批判的」構えとしての「新しい唯物論」
  • 第Ⅱ部 物象化論の「実践的・批判的」意義
    • 第4章 物象化論の理論構成
    • 第5章 物象化と疎外
    • 第6章 物象化と所有
    • 第7章 価値の主体化としての資本と素材的世界
    • 結論 素材の思想家としてのマルクス

著者紹介

佐々木 隆治

略歴
〈佐々木隆治〉1974年生まれ。一橋大学社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。同大学社会学研究科特別研究員。共著に「マルクスの構想力」「若者と貧困」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

共産主義・マルクス主義 ランキング

共産主義・マルクス主義のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む